Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

いくつかの現場を通して感じた あの懐かしい興奮


先日、いろいろな現場に行ってみたいと思った。
で、3つの現場に行ってみた。
いい年してちょっと行き過ぎだと反省した。




Cutie Pai@「ヌキ天」六本木ミッドタウン33F 080319
Aira Mitsuki「チャイナ・ディスコティカ」リリイベ@HMV渋谷 080320
Saori@destiny「sakura」リリイベ@石丸ソフト2 080326




レポを書きたいのだが時間が無い。
ただ、CDで聴いているだけでは分からないことが現場には沢山あるということだ。


そしてとにかくこれだけ伝えたいのは、Saori@destinyの新譜のトラックが尋常じゃないほどかっこいいということだ。
とにかく直ぐ買え!そして2曲目「サヨナラリヴァイバル」とそのインストである5曲目を聴いて、そして泣けばいい。
http://jp.youtube.com/watch?v=5AgXlj9MGoc


テクノ/ハウス好きでこれ聴かなかったら人生損してると思う。
93年くらいのハードコアテクノの頃の感情が軽く蘇った。


Perfumeフォロアー、いやパクリと叩かれたデートピアが、今とんでもない方向に向かおうとしている。
どこへ向かおうとしているのかはわからない。
でも、それを見逃すのは本当にもったいないことだと思う。
売れなくてもいい、いや売れないと困るのか。
なんだか90年代初頭から中頃まであった、日本のテクノ界の強烈な盛り上がり、新しい音が次から次へと出てくる、新しいシーンがどんどん出来上がるあの興奮、それを、自分はアイドルの現場に再び見出してしまった。
30歳を過ぎたというのに。



sakura

sakura

チャイナ・ディスコティカ

チャイナ・ディスコティカ