読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

Perfumeの自己意思が歌い方に表出してきている@TVガイド 09年7月10日号

http://www.tokyonews-webstore.com/tvguide/

か:メッセージ性が強い曲もあれば、純粋に音楽として聴ける曲もあって・・・いろんなPerfumeを楽しめる作品になったと思います!


の:中田(ヤスタカ)さんがかわいらしい曲だけでなく、大人っぽい曲も作ってくれるようになって。私たちは自分の変化にあまり気づいてなかったけど、作品になって”大人っぽくなったんだ”って気づいた感じ。


か:そうだね。あと、皆、自分が歌いやすいように歌うようになったよね。意思が歌い方に出てきた。


あ:うんうん。それから今回は中田さんが楽しそうに作ってるのが伝わってきて、私たちも楽しんで作れたよね。「こう歌えばよかった」って後悔も無いし、自信を持って「聴いてください」と言えるアルバムです。


西脇さんの発言は、「今回は自分が歌いたいように歌ったので後悔が無い」という他インタビュー*1に沿ったものだが、それを補完する発言が樫野さんから。「意思が歌い方に出てきた」というのは、これまでの「ヤスタカの指示通りにフラットに歌う」ことから、どの程度かは分からないまでも、自分の意思、自分の持つビジョンが歌に反映されているということだ。それも西脇さんだけでなく、3人ともにだ。


今回のアルバムのレコーディングから3人は別々にスタジオ入りするようになったので、歌うことについての思想的な部分はあまり共有されていないようなイメージを持っていたが、この「自己の意思を歌に反映させる」という意識の変革は、3人ともに始まっていたようだ。


正直なところ、実際某所のプレビュー音源を聴いてみても、特徴的な西脇さんの変化以外の、大本さん樫野さんの2人の歌においてどのような変化があったのかは自分には聴き取れない。しかし、アルバムの音源における「ますます操り人形化している」「もう初音ミクでいいじゃない」という一部反応とは正反対の意思がそこに存在しているということを、覚えておかなければなるまい。