読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

もうすぐ始まるPerfumeのツアーへの期待、そして規模の壁


自分は基本的にはテクノばかり聴いてる。テクノのライブって言ったらそりゃもう華なんて全然なくて、どれだけ規模が大きくなっても、VJのスクリーンとフラッシュさえあればもう十分だ。演者は卓から動く事もない。もやは演者もそこにいる必要すらない、音さえ良ければそれで良し的な。
何が言いたいかというと、大規模な「総合エンターテインメント」として作られたコンサートを見たことがほとんど無い、見たことが無いという事は、つまり語る言葉を持たないということなんじゃないかという葛藤がある、という事だ。まあそれでもいい、それを前提に続きを書いてみる。


Perfumeの武道館ライブを見に行った時に、あれ?こんなに広い所でこれだけの演出でいいのかな?とふと疑問に思った。でかい音が鳴っていればそれでいい、なんていうのは、1万人規模の人を相手にしても通用するのかなと。席によっては音響は絶望的だし、そもそもダンスが売りのPerfume自体、遠すぎてよく分からない、あるいは全然見えないという事態も、避けようが無い。実際に、代々木に一緒に行った連れは、あまりにPerfumeとの距離が遠すぎて全くダンスが見えず、醒めてしまったと言っていた。それを聞いて、ああ、Perfumeの3人だけを見せるライブは、もう規模的に限界なんじゃないか、そう感じざるを得なかった。


WIREElectraglideのようなテクノイベントを除くと、Perfumeのライブでしか武道館や代々木体育館、横浜アリーナクラスの箱に行かないので、他のコンサートと比較しようがないが、ジャニーズの人たちは、吊られて空を飛んだり、クレーンに乗っかって後ろの座席の方まで来たりするらしいじゃないですか。いや別にそういうものをPerfumeに求めてるわけでは無いんだけれど。


ジャニーズやハロプロEXILEのような人達は、それはもう凄い演出にお金を掛けて物凄いエンターテインメントなコンサートを繰り広げているんだろうなあ、と思うわけですよ。どんなにステージから遠い人でも、誰でも感動させるような凄い演出が沢山詰め込まれているんだろうなあと。いや実際のところはどうなのか知らないけれど。
ある人が言っていた「バックダンサーを付ければいい」という意見も、色々と感情的にも難しいところではあるけれど、それは一つの解でもあるのかなと。


Perfumeはダンスがパフォーマンスの肝である、であるならば、全然見えないライブに行くより、大画面でライブDVDを見たほうが楽しい、という構造逆転すら起こりえる。もちろんそんなことはあってほしくない。
あれほどPerfumeの3人がライブにこだわっている以上、とにかく、Perfumeの舞台監督には、もうワンステップ越えなければならない「規模」の壁、それを今度のツアー、特に後半のアリーナツアーではどうにか超えてほしいと願うばかりだ。


それに加えて、そういう事を期待する、ライブを見る方の自分も、一度くらいジャニーズクラスの「総合エンターテインメント」コンサートを体験しておかないと、超大箱でのライブの感想なんて自己満足的なものしか得られないんじゃなかろうか、そうも感じてしまった。うーん。