読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 Perfume直角二等辺三角形ツアー@横浜二日目(本公演最終日)

Perfume


ホール日程の仙台に続いて、アリーナ日程から横浜アリーナ公演に参戦。


今回もトラックリストとか直接的なネタバレはAmuseから禁止されているので書かないが、記録として感じた事を書いておきたいので、読みたくない人は以下読むなよ!絶対読むなよ!






仙台の感想*1であらかた書いてしまったので、今回さらに感じたことだけを。



個人的なこと

PTA先行は全部外れ、ローチケでなんとか押さえた席は、ステージ正面ではあるものの、3Fスタンド席最後列の一つ手前。遠い。絶望的に遠い。これがアリーナか。体感的には代々木より遠い。花道に立つ人も、小指の爪の半分くらいにしか見えない。自分の視力では、矯正視力でも何が行われているのか全く分からない。また、構造上仕方がないが、出音もぶわぶわに割れてしまい、ステージ周辺の動きと半拍遅れで音がようやく届く始末。これはもう音もダンスも諦めて、松井照明を楽しむしかないなと、半ばしらけた気分でオープニングを迎える。


MCで恒例の客席いじり。三角Tに身を包み三角タオルを必死に掲げてアピールする、自分の後ろの席、つまりスタンド最後列の二人の女子大生。彼女達が幸運にも西脇さんの目に留まる。前方スクリーンには彼女達の姿(と俺の顔)が大写しに。女の子、奇声を上げて大興奮。初のPerfumeライブだったらしく、以降も最後列にもかかわらず、最高潮のテンションで大騒ぎ。こういう純粋さっていいよね、そう思うと、自分もその女の子達のテンションに絆されて気持ちを上げる事が出来、珍しく悪条件の中でもライブを素直に楽しめた。ありがとう後ろの女の子達。



全体

ホールとアリーナでは演出・曲順などを大きく変えてくると踏んで、地方のホール公演に遠征したが、今回のアリーナ公演では、センターに花道が作られ、ステージサイドにスクリーンが4枚張られた以外は、基本的に演出も曲順もなにも変わらなかった。
アリーナサイズで眼に見えて変わったことと言えば、「Edge」「ポリリズム」などでのレーザー演出が映え、また照明もスケール感が大きくアップするというくらいであろうか。



客層

全体を眺めてみると、極普通の20代男性がメイン、たまにおっさん、3割は20代女性。一方、自分の周りのスタンド席を眺めると、何故か8割が30代以上のおっさん、2割が20代女性。空席率は1割弱。地方公演よりおっさん率高し。YMO信者、テクノポップファンの残党か。また、地方公演で感じたアットホームさは感じられず。
MCでの「Perfumeのライブ初めての人」との問いかけに、半数近くの手が上がったような気がした。いいことだよね。


新曲

これは観客が踊る曲ではなく、Perfumeが見せる曲。リスナーをアッパーに躍らせる事を意図していない曲調を意識して、こういった小物使いで「見せる」振り付けなのだろう。ゆえに凝った動きでかまわないというか、これが正解なのだろう。そういう部分があってもいいと思う。でも、ここはダンスフロアなんだぜ?



ダンスフロアとしての演出

やはりアリーナ公演でも、YoYoGi Disco Mix的な、一歩先に進んだ演出はなかった。CDだだ流しでない、よりダンスを意識した音の演出により、観客をもっとダンスさせるという、自分が最も期待する部分であったのだが。
あえて言うならば、照明に全力をかけたと思われる「Edge」がその部分になるのだろうか。音と光の洪水の中でトランスする感覚は、クラブ的なものに近いと思われる。



声出し/MC

声出しがPTAコーナーだけでなく他のMCにも侵食してきている。ちょっとつらい。


「上の歯下の歯」「21歳児」などに象徴されるように、MCの内容が幼児化して行っているのも気になるところ。普通の等身大の21歳の女子大生の会話ってあんなものなのだろうか。大人や会社のやっていることにアイドルの立場からちくりと皮肉を入れる、西脇節の切れのよさは今はどこにもない。
ただ、戸田公演からさんざんご当地スヌーピーコレクションに言及し、ファンから7セットもプレゼントしてもらいながら、「実はスヌーピーそんな好きじゃない」とぶち壊したあたりは笑わせていただきました。


大阪で公演時間3時間半を超えるロングMCをやって西脇さんが怒られたという話があったので、念のため今回のMCの時間を計ってみた。MC1=35分、MC2=20分、アンコールMC=13分。今日は公演時間がほぼ3時間に抑えられたこともあって、Perfumeの公演としてはまあまあ極端に長すぎるというほどでもなかったか。



その他

この公演にはカメラが24台導入された。2010年1月にDVD化されるとのこと。千秋楽にも入れるのだろうか。
あと、やっぱり平日は辛いよね・・・