読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 Electraglide(WARP20 Tokyo)@幕張メッセ

music

http://www.electraglide.info/


  • 091121 Electraglide presents Warp20 TOKYO@幕張メッセ


2005年を最後に一旦休止していたエレグラ。世界各地で行われているWarp Records20周年記念イベントの東京版として復活。Warpを17年追い続けてきた身にとっては夢のようなイベント、のはずだったのだが・・・。



DJ Yogurt

イベント頭だからね。緩めのハウスやダブなど。まだ体が温まる前に離脱。

Dot i/o

クラムボンのミト。ノイズのインプロヴィゼーション。リズムトラックはMacから出して、上物のノイズはTenori-On2台使いでリアルタイムに生成。繊細な音とVJが良く合っていた。

Hudson Mohawke

この時間帯から会場が混み始める。
ファットな音が心地よい。
異様にギクシャクしてつんのめったリズム感は、同じWARPの往年のブリープテクノを髣髴とさせる。

「!!!」(chk chk chk)

シンプルなのにファンクでドラッギー。以前より女性ボーカルがかなり前に出ていて、なかなか面白い掛け合いになっていた。

田中フミヤ

HudMoと!!!の裏でがら空き。クリックミニマル。あまり踊れず、早めの休憩と食事を取る。

Clark

ハード&変態。やりたい放題。1分単位でころころとリズムを変える。凄いけれど踊れない。踊りたい衝動がつのってゆく。

Steve Beckett

Warp社長。最後だけ見る。AFXとかかけてたな。

Battles

期待して見たが、今日はなんだか妙に音が悪い。グルーヴにしまりが無い。タイトでこそのBattlesだろ。ゆるい歌物や、ドローンなんかをやり始める始末。This Heatみたいな展開になってきたので、もう限界。「Atlas」を待たずに離脱。

Andrew Weatherall

今年は超渋いストイックなテクノ。ジワジワとくる。ここで一番踊った。Room11はスピーカーがあちらこちらに配置されていて音質も良かった。後方の外に直通の通路が開いたままなので凄く寒かったけれど。

O.N.O

THA BLUE HERB。ダブかなと思いきや結構激しい。疲れていたので座り込んで眺めた。

Chris Cunningham

マジキチ。その称号が相応しい。ライブに行ってその場で見た人にしか分からない、絶対に放送も販売も出来ない過激な狂気の世界。「高尚過ぎて踊れない、ゲス過ぎて笑えない」とはよく言ったものだ。基本的には2005年と同じネタ。ぎゅう詰めの観客全員が棒立ちでスクリーンの中の強烈な世界観に食いついている様は異様。

Rei Harakami

狂気の余韻の中、「おはよーございまーす。なんで僕がここにいるのかわかりませーん。」と緩いMCからスタート。コリをほぐす様な音に浸ろうかと思ったがFlying Lotusが見たかったので離脱。

Flying Lotus

一番期待していたのだが、なんだかさっぱり肌に合わず離脱。

LFO

最後に一番ハードなプレイ。過去のヒット曲を超高速でスピン。もう疲れ切って動かない体に鞭を打ってそのシバキについてゆく。本日のベストアクト。




音は楽しめた。しかし、運営が酷すぎてイベント自体は最悪のレベルだった。
エレグラでは毎回のように問題になる、トイレ事情が全く改善されていないどころか、今回はさらに酷くなっていたのには閉口どころか怒りの声を上げたい。ピーク時にはどこのトイレも50〜100mの長蛇の列。そんな列の最後尾に並ぶ絶望感が分かるか?尿意を催してからではもう間に合わない。耐え切れなくて少し短い男性の列に混ざって並ぶ女性が沢山いて本当に可哀想になった。本当に毎回この有様なのに、なぜ運営は改善しようとすらしないのか。


さらに、これも毎回の問題、ゴミ箱が目立つ場所にほとんど無い。ゆえに床にはタバコやペットボトル、プラスティックのコップが散乱。歩けば何かにぶつかる。ゴミグラ。フジロックやメタモを見習えよ。


そしてこの冬のイベントなのに、フードコートがなんと極寒の屋外。みな上着はクロークに預けているので、寒さに震えながら、これまた長蛇の列に並ばなければならない。ピーク時には1時間並んだ人もいたようだ。唯一列が無かったのはアイスクリーム屋。こんなに寒いのに需要があるわけない。暖かい食事を出す店が少なすぎて、とにかく酷く並ばされる。
で、食料を手に入れても、食べるスペースに照明がほとんどない。真っ暗闇の中、寒さに震えながらぼそぼそと冷えた食事をとるしかない。
外で散々並ばせて体は冷え切り、そこで買ったビールを飲んでさらに体を冷やしてトイレへ、そしてそこでも大渋滞と、もう最悪な負のループ。


暗いといえば、今回は会場全体がとにかく暗かった。全然照明もなく、ほとんど暗闇ばかりで、何人もの床で寝ている人を蹴っ飛ばすはめに。会場内の目立たない場所に貼られたタイムテーブルも、暗すぎて全く見えない始末。会場スタッフも全く仕切らず、動線で人が沢山寝ていてあちらこちらで渋滞発生。


他にも、タイムテーブルの冊子が入り口で配られず、インフォメーションにも置いておらず、タワレコのブースにひっそりと置いてあるだけとか、運営の問題を挙げたらきりが無いくらい、本当にフェスとしての出来はひどいものだった。これが初回ならまだしも、エレグラとしては7回目だからな。もうフェスを舐めてるとしか思えない。シミズオクトとSMASHは腹を切って(省略)