Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

小室哲哉、復帰おめでとう。


松浦勝人
@masatomatsuura
 僕のお願い・・・TKの復活をオリコン1位にしてあげたい。ライバルは小室さんにお世話になったはずのメーカーのアーティスト。。(2010-05-07 10:41:43) link
Tetsuya Komuro
@Tetsuya_Komuro
 まずは、あらゆる皆さんに感謝します。期待に応えるよう、引き続き努力です。最初trfが、一位獲れた感覚です。スタジオ近くのカフェバー円山町RAIZでスタッフと、ビールでひっそりと乾杯。二階の窓際から傘をさすカップルを眺める。仕事帰りの方、みんなオシャレ!音楽も淘汰されてあたりまえだ(2010-05-07 21:48:28) link


いや、小室哲哉には全然思い入れは無いのだけれど、シンセ好きとしてどこか親近感的なものがあるんだよなあ。自分と同世代で電子音楽が好きな人なら、大なり小なり、どこかで小室哲哉TM Networkの影響は受けているだろう。YAMAHA EOSシリーズがファーストキーボードだったりする人、ショルキーYAMAHA KX5でモテようとした人もいるだろう。自分はTM Networkに全く興味は無かったが、90年代半ばの一連の小室プロデュース作品の数々は、当時それらのCDを一枚も買わなかったにもかかわらず、今でもほとんど歌えてしまうくらいに嫌でも耳に残っている。「今年はレイヴが来る」発言とか、「ジャングル」であんな感じだったりと、まあ変な感じに振り回されたりもしたが、J-POPフィールドのメジャーシーンで、ダンスミュージックという文法を大衆の隅々まで普及させた、という功績は非常に大きいと思う。小室哲哉にはAVEXの屋台骨となるべく頑張って欲しいですよ。AVEX傘下のcommmonsのような趣味的なレーベルを、今の不況極まりない音楽業界の中で存続させていくためにもね。




それはそれとして水を差すようでなんなんだけれど、見事オリコンウィークリー1位を獲得した今作の推定売上枚数、オリコンで45710枚、サウンドスキャンで21813枚(3種合計)。AVEXについては毎回こんな感じなんだけれど、どういう集計システムなんですかね。調べてもよく分からないや。




Dream After Dream ~夢から醒めた夢~/逢いたい理由

Dream After Dream ~夢から醒めた夢~/逢いたい理由