読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

韓国進出を意識し、日産には嫌われる、Perfume「ねぇ」@Rockin'on JAPAN 2010年12月号

http://www.ro69.jp/publish/japan/index.html


今回は推測多目の記事なので、それなりのリテラシーでよろしく。


ドーム公演直前インタビュー。短いが、幾つかの新事実が語られている。

あ:「VOICE」の時に、”VOICE”、”575”、”ねぇ”があって、どれをA面にするか迷ってて。 で、”VOICE”になったんですけど。直球だし、めちゃのれるし、これはカラオケで女子が歌ったらかわいいと思うっていう曲がまた増えたね。


か:その3曲が上がった時は、”ねぇ”が一番好きでした。


の:私も!


か:何でこの曲をA面にしないの!?って凄い思ってたんですけど。でも”VOICE”も完成すると凄いいい曲だし、聴けば聴くほど深みが出る曲だったんで。って考えると、”ねぇ”はリリースが後になっても大丈夫な曲だったんだなと思いました。

まず、「VOICE」制作時には既に「ねぇ」があったということ。「VOICE」プロモーション時に、散々「音モノを希望したら歌モノが来た」「あいつへし曲がってんな」とまで語ってきたPerfumeだが、単にリリースのタイミングの問題で情報公開できない以上、あのように面白おかしく膨らませていた、ということだ。実はファンは虚実に翻弄されていただけだったのだ。


ここでは何故「VOICE」が採用され、「ねぇ」が先送りになった直接の理由は語られていない。しかし、「ねぇ」の歌詞を聴いてみると、実にストレートに「車を運転して海に向かう風景」が描かれている。

ねぇ 今日はどこへ行こうかな


信号が青に変われば 後はこの先に待ってるのは広い海
海岸を沿うように駆ける いつもの音楽を BGMにして

「車」「海岸をドライブ」。そして日産のCMのオンエア開始日は真夏、2010/08/14だ。ここまで材料があれば、「ねぇ」は日産のCMを想定して作られ、そして広告代理店または日産側の意向と合わずに却下され、ハード過ぎずライトでポップな「VOICE」がCMに採用された、という想像はさして難しくない。


※追記
20120322 TFM「Perfume LOCKS!」にて、「『ねぇ』の制作中仮タイトルは『ミラクルドライブ』だった」との発言が。上記の「想像」を事実として確定たらしめるに十分な情報ではないだろうか。


さらに、それが前提にあることを考えれば、前回「ナチュラルに恋して」という、より明るくポップな曲をCMタイアップに起用し、爽やかなイメージをPerfumeに求めたNatural Beauty Basicにしてみても、流れとしては「ねぇ」のようなハードなサウンドを持つ曲よりも、明るくポップな「VOICE」の方を採用するはずだった、と考えるのが自然だろう。しかし日産の契約規模との比較で「ねぇ」を掴まされた、それが結果的には児玉氏の仕事との相乗効果でいい結果を生むのだが、という所まで来るとこれは単なる妄想だが。




そしてもう一つ、樫野さんと大本さんは、三曲の中で「ねぇ」を一番好きな曲に挙げた。これは間違いなく彼女達二人のダンスサウンド志向によるものだ。
一方、「歌」について拘りを持つ西脇さんは、最近の自身の趣向を絡めて、「歌」についてなかなか興味深い発言をしている。

−サビが<ねぇ>の繰り返しで、極端に言うと、子供から外国の人まで口ずさめるキャッチーさだと思うんです。


あ:その「言葉を繰り返す」っていうのは、今、少女時代がきてて、どの国の人でも聴けば大体耳に入ってくるみたいな言葉を入れてるのは、確かに凄いなって思いますよね西野カナさんの曲とかも、めっちゃメロディがあって、なんか回るみたいな。それと同じ感じで回りそうな、メロディが劇的にいいサビの曲だと思います。

「言葉を繰り返す」曲の代表として、西脇さんは「少女時代」を挙げている。恐らく韓国における「フックソング」ブームの事を念頭に置いているのだろう。
現在のK-POPダンスポップシーンでのブームの一つに「フックソング」という概念がある。その名の通り、単純な言葉とフレーズを何度も繰り返すものだ。最近では少女時代「Gee」「Oh!」、Brown Eyed Girls「オッチョダ」、Wonder Girls「Nobody」、Super Junior「Sorry Sorry」、2PM「Again & Again」、T-ara「Bo Peep Bo Peep」、Sistar「Push Push」、ソン・ダムビ「ミチョッソ」・・・。挙げていったらきりが無い。Perfumeの代表的なフックソングといえば「チョコレイト・ディスコ」だが、現在のブームはよりセンテンスが短い。そこでの「ねぇ」だ。もちろん推測に過ぎないが、中田ヤスタカは韓国のダンスポップブームも頭のどこかにおいているのかもしれない。そして、このタイミングでのPerfume海外進出発表、第一弾は韓国「MAMA」出演だ。*1 一本、道筋が繋がったようには見えないか。







ねぇ(初回限定盤)(DVD付)

ねぇ(初回限定盤)(DVD付)

ねぇ(通常盤)

ねぇ(通常盤)