読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

のっちをスカウトする前に、あ〜ちゃんが別人をPerfumeにスカウトしていた@EX「やじうまテレビ!マルごと生活情報局」 101110

Perfume

http://www.tv-asahi.co.jp/yajimaru/


大本さんは「ぱふゅ〜む」補充要員の第一候補ではなかった。


「実は他の2人に言っていない秘密があるか?」という質問に対する西脇さんの衝撃の解答。

あ:Perfume結成が、ほんとは、かしゆかと私ともう一人「ゆか」ちゃんって子が居たんですよ。で、その子が辞めてしまったので「やっぱ一人入れてPerfumeを続けよう」ってなったときに、のっちの名前ももちろん挙がってたんですけど、もう一人候補の子が居て。で、その子にも聞いたんですよ。


の:新事実!初めて!


か:私も初めて!


あ:「Perfumeどう?」って。そしたら、「私はちょっと、そういう可愛いのとかはちょっと無理じゃけん」みたいな事で断られて。それで、やっぱりじゃあ、ちょっと遅刻とかそいうの多いけど、彩乃ちゃんしかおらんね、みたいな。

Perfume LOCKS」の振り返り企画でも語られなかった、それどころか大本さんも樫野さんも知らなかった、正に今の信頼関係だからこそ言えるといった衝撃の内容。Perfume「正史」にまた一つ大きな「真実」が追加された。
一応書いておくが、大本さんも樫野さんも知らなかったと発言しているので、「Y.A.Y」の四人目のメンバーとしてスカウトした「まつさや」の話との混同ではないことは間違いない。


現在のメンバーに落ち着くまでの流れを一応ざっくりと整理しておくと、

  1. 芸能スクールの体験入学で西脇さんと樫野さんが意気投合
  2. そことは別の、アクターズスクール広島に入学、再会
  3. 西脇さん、樫野さんとユニットを組もうとするも、先に「まつさや」と組まされる
  4. 西脇さん、樫野さん、「かわゆか」の三人で「Y.A.Y」結成
  5. 「Y.A.Y」に「まつさや」をスカウト、断られる
  6. 「Y.A.Y」から「ぱふゅ〜む」へ変名
  7. 「かわゆか」脱退
  8. 西脇さん、補充要員第一候補をスカウト、断られる
  9. 西脇さん、補充要員第ニ候補、大本さんをスカウト

ということになる。この、「YMO結成時において細野晴臣のオファーを蹴った林立夫」的存在とは。


林立夫に断られた西脇さんが、次の候補に大本さんを選んだ理由は、「Perfume LOCKS」でも語られていたように、血液型、身長、年齢が同じという「変なこだわり」が先に立っていた。*1 このオファーを蹴った人も、ここに何らかの共通項があるのだろうか。一度「Y.A.Y」へのスカウトを断られ、ライバル意識をあからさまにしていた「まつさや」は、このタイミングでは候補にはならないような気がする。
Perfume LOCKS」では、大本さん以外の別の可能性として、同スクール生から3人の名前を西脇さん自ら挙げていたが、この中にその人はいたのだろうか。*2 しかし考えようにもここには当時の「ぱふゅ〜む」の持ち歌「スーパージェットシューズ」的な可愛いのは無理、という路線を引く人、という以外何も材料が無い。恐らくは、スクール生の多くを占めていた、所謂「R&Bディーヴァ」を目指していた人なのだろう。そして仮にその人が「ぱふゅ〜む」に加入していたとするならば、その後の「ジェニーはご機嫌ななめ」に繋がるテクノポップ路線が敷かれることも無く、「ぱふゅ〜む」は個性を持ちえずにそのまま消えていったのかもしれない、そんなif史がここにはある。