読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観劇記録 「イップ・マン 葉問」(IP MAN 2)香港 2010年公開

movie



新宿武蔵野館にて鑑賞。ブルース・リーの師父である詠春拳大師イップ・マンの香港での姿を、日本でなかなか主演作の見られないドニー・イェンが演じ、共演・武術指導にはサモ・ハン・キンポー。香港カンフー映画の伝統を受け継ぐ素晴らしい出来。ドニーの繰り出すシンプルな詠春拳の動きの美しいこと美しいこと。家族と正義を愛する穏やかな人物というキャラクターも意外にも良フィット。そして59歳のサモハンが全く遜色なく動きまくるのには、もはや感動的ですらあった。川井憲次の音楽も雰囲気よし。カンフー映画ファンはぜひ押さえておきたい一作。


現地でタイトルが出るまで気付かなかったのだが、今作「イップ・マン 葉問」は原題「IP MAN 2」、つまり続編の方だった。一作目に当たる「IP MAN」は、2009年度香港映画賞最優秀作品賞を受賞し、近年最高のカンフー映画と呼ばれる評判だったのだが、それを見に行ったつもりが続編だったのでちょっとびっくりした。
今作「イップ・マン 葉問」は、英国人を悪役として、「蹂躙される中国人のプライドを取り戻すため闘う」という、強烈に中国ナショナリズムを煽るストーリーなのだが、前作「IP MAN」も日本軍を相手に据えて全く同じストーリー構造なので、タイミング的に敢えて反日的作品の公開を避けたのだろう。*1
本編公開後に「IP MAN」の予告編が流され、本編の動員が5000人を超えたら、「IP MAN」を「イップ・マン 序章」として劇場公開する旨が伝えられた。なんとかラインを超えてくれればいいのだけれど。ということでみんな劇場に見に行こう。




*1:「日本人には詠春拳を伝えるな」というイップ・マンの遺言がある位に日本は嫌われているのでまあそういう作品になるのは当然だけれど