読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

ユニバーサルのインターナショナル・マネージング・ディレクターが語る、「Perfumeの国際展開戦略」@ロイター

Perfume

http://www.reuters.com/article/2012/03/07/us-japan-band-idUSTRE8260S520120307


経済ニュースでお馴染みイギリスのロイターに掲載された、ユニバーサルミュージックのインターナショナル・マネージング・ディレクター加藤公隆氏の電話インタビュー。ユニバーサルがPerfumeの世界進出に対してどのように考えているのかを明らかにする、最初の、そして非常に重要な証言。
加藤氏は、「長い海外生活によって培われた秀でた国際感覚と気鋭な発想により、ユニバーサル社の洋楽部門を牽引してきた実績を高く評価」され、昨年末にユニバーサルミュージック執行役員に就任している。*1

Label scents global success with Japan band Perfume


By Mike Collett-White
LONDON | Wed Mar 7, 2012 8:05am EST


(Reuters) - The world's biggest record label says it is trying something a little different as it seeks the elusive "holy grail" for Japanese pop -- global chart success.

「世界最大のレーベルは、J-POPにとっての達成困難な『聖杯』、世界的チャートでの成功を追い求めるのとは少し違うことに挑戦しようとしている。」

A procession of "J-pop" acts touted as the next big thing on the world stage have come and gone, most causing barely a ripple in markets like the United States, Germany and Britain.

Audiences outside Asia just don't "get" the music and lyrics, experts say, although pinning down exactly why has proved more difficult.

Labels' strategy has tended to focus on coaching Japanese acts to sound and appear more Western, notably by encouraging them to sing in English and try genres like hip-hop and R'n'B.

「Audiences outside Asia just don't "get" the music and lyrics」というのはどういう意味だろうか。「アジアの外の聴衆は、単に楽曲と詞だけを求めているのではない」、という事は、それ以外、つまり海外ウケするパーソナリティー/キャラクターをも必要とされるということだろうか。これを満たすために、これまでの日本人の海外進出は、「西洋的なスタイル、英語で歌い、ヒップホップやR&Bに挑戦する」といったものに縋らなければならなかった。しかし、海外での成功例としてよく挙げられる、YMOラウドネス喜多郎が西洋スタイルをなぞったかといえば、どちらかといえば真逆の方向性だ。

Now Universal Music Group plans to do the opposite as it seeks to launch techno-pop girl band Perfume on to the world stage -- celebrate their "Japan-ness."

"We want to sell the package as they are now," said Kimitaka Kato, managing director of Universal International at the label's Japanese division.

"I won't get them to sing 100 percent in English and not Westernize them at all unless they ask us to," he told Reuters by telephone from Japan. "I think with Perfume it's all about that futuristic Japanese image."

In what is billed as a first for Universal, it has just released Perfume's number one album "JPN" on iTunes in 50 countries.

"Japan-ness."、「日本的」であることを賛美しながら、「as they are now」、現在の彼女達の有るがままに。「彼女達自身が要求しなければ、100%英語で歌わせることも無く、また西洋風に変えるつもりもない」という。「Perfumeこそが近未来的な日本のイメージを体現している」、そう彼は考えている。同じユニバーサルに所属する多数のK-POP勢が日本では日本語、アメリカでは英語で歌い、KARAが日本の北関東的J-POP歌謡路線を張ったような、ローカルカスタマイズによる現地への浸透戦略をPerfumeに強いることは無く、寧ろ日本語で、日本のスタイルそのままに、「近未来的な日本」をそのまま輸出しようとしている。それは、Perfumeの魅力が、「日本的」である事自体にその本質を負っているからだ。

"FUTURISTIC, ROBOTIC, DOLL-LIKE"


Kato said the trio -- Nocchi, Kashiyuka and Aa-Chan -- may learn English over time, enabling them to express themselves overseas, but for now they would play on the image of "mysterious, futuristic, robotic, doll-type girls, well choreographed with laser beams."

And in a bid to avoid mistakes of the past, they will stick to the style of music they know best.

"We are Japanese, we are Asians, we can't necessarily sing 'R'n'B' or hip-hop," he said. "We should do what we're good at -- what we're good at is pop tunes."

Perfumeが海外で自身を表現するために少しずつ英語を学ぶことはあっても、今は『ミステリアス、未来的、ロボット的、人形のような少女、良質な振り付けとレーザービーム』というイメージで活動していく。過去の失敗を避け、彼女達がベストだと知っている音楽スタイルを固持する。」「私達は日本人、アジア人であって、R&Bやヒップホップを歌う必要はない。私達は自分達の得意とするもの、『ポップチューン』をやるべきだ」。これがユニバーサルの見解か。なんてこった。最高じゃないか。それが海外に通用するかどうかなど分からない。しかし、今のPerfume、それをそのまま見せる、その事に意義がある。これが日本のポップスタイルだと。

In their 20s, the singers often appear in matching outfits, and YouTube footage features high-tech shows with elaborate lighting, synchronized dancing and giant video screens.

Perfume formed in 2000 and had its breakthrough in 2007 with the hit "Polyrhythm." According to Universal, which signed the band from independent label Tokuma, they have sold 1.3 million albums in Japan to date.

Kato said he had been encouraged by the recent success of "K-pop" acts from South Korea who had made limited inroads in Europe and beyond in recent months.

But he also conceded there was no guarantee that Perfume would find the magic formula to appeal to audiences in the United States and beyond.

Universal has tried before, notably with singer Utada who broke chart records in Japan but failed to match expectations internationally.

That may explain the label's gradual approach with Perfume, starting with promotion inside Asia followed by a small "showcase" tour further afield.

「ここ数か月のK-POPの欧州への僅かながらの進出に勇気付けられたとはいえ、Perfumeがアメリカの聴衆へアピールする魔法の方程式を見つける保証もない。ユニバーサルが手掛けた宇多田ヒカルは世界の期待に応えられなかった。Perfumeに対しては、アジア内でのプロモーションと小規模ショーケースツアーから始める段階的なアプローチをとる。」 今後の具体的行動が示されている。やはりまずはアジア圏から。



"I think it will work, but if it doesn't, I don't want other Japanese bands having a hard time," Kato explained.

厳しい言葉もある。「うまくいくだろう、しかし仮にうまくいかなくても、それで他の日本のバンドが困難に遭うことは望まない」。Perfumeもまた、試金石なのだ。




JPN(通常盤)

JPN(通常盤)