読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 Tomato n' Pine「POP SONG 2 U」@西麻布eleven

Tomato n' Pine Negicco Aira idol music


西麻布elevenでTomato n' Pineがレジデントを務めるマンスリーパーティー、なのだが、平日にオールナイトイベントに行けるはずもなく、3回目にしてようやく休日に行われたデイイベントに足を運ぶ。


楽曲の質が高く評価されるアイドルユニットを、インストアライブの仮設ステージや、ライブハウスでなく、クラブのサウンドシステムで鳴らすなんて、最高に面白い。クラブミュージックリスナーとしてこれほど興味深いアイドルイベントは無いだろう。と思う一方で、2.5Dによるustream中継があるにしても、西麻布のクラブでオールナイト、未成年入場不可という条件は、アイドルを売っていくにはあまりにもハードルが高すぎるだろう、これでいいのだろうか、という疑問も無いわけではない。まあ現場に行けば楽しむことしか考えないのだけれど。


アイドル目当ての客は、会場入りして早々に、肩から下げた鞄もロッカーに預けずに、そのままステージ前に集結して微動だにしない。ステージと逆側のDJブースからは、DJが必死にオタを踊らせようとアイドル曲やJ-POPトラックなどをかけたりしてみるのだが、客は冷たい。DJ KAYAがマイクを握って、「位置はそのままでいいからせめて体をこちら側に向けて、その場で踊ってくれ」と呼びかける始末。せっかくクラブに来ているのにこれは勿体無いと思うのだが、まあ人それぞれだろう。
一方でアイドルオタは、DJではない演者に対してはとても配慮があり、どんな共演者でも場を盛り上げて、演者のいいパフォーマンスを引き出そうとする気質がある。今回の出演者で唯一のバンド、「joy」*1に対しても、音を鳴らす前から随分盛り上がっていた。女性ヴォーカルで、5人編成のうち3人が女性、というところもポイントだったのだろうが。


パーティーはとても楽しく、どの演者も面白い、これほど満足させてくれるイベントもなかなかないだろうという位に充実したものだった。Negiccoは、セットリストも「アノソラへ」などフロア向け構成で踊らせてくれた。Negiccoのライブが醸し出す空気はやはり特別なものがある。「多幸感」という言葉があまりにも便利過ぎて、この一言で済ませてしまうことに懸念に声が上がることもあるが、とにかく皆優しい笑顔になる「あの空気」を味わうのは贅沢さすら覚える。
久し振りに観たが堂々として安定感すらあったAira Mitsuki、「ロボット・ハニー」のようなファン以外に訴求しやすいポップな良曲は改めて評価されるといいのだが。
「FAB」「ワナダンス」に続いて、またしても趣味性の強いラテンディスコな新曲「踊れカルナヴァル」を初披露したTomato n' Pine。
一日楽しんだ実感として、ダンスミュージックに特化したセッティングになっているelevenのサウンドシステムで、ダンスミュージックの作りでない物をいい音/いいバランスで鳴らすというのは、非常に難しいのだろう、ということも感じざるを得ない出音の時もあったが、そういう前提でも、トマパイがelevenであれだけ気持ち良く鳴るのは、感動的ですらあった。トマパイの「ワナダンス」をこの箱鳴りで聴くためだけでも、このイベントに足を運ぶ価値がある。



Negicco

  1. Party On the PLANET
  2. ニュートリノ・ラヴ
  3. My Beautiful Life
  4. アノソラヘ
  5. 圧倒的なスタイル

Aira Mitsuki

  1. Heat My Love
  2. Wonder Touch
  3. Spring Sky
  4. BARBiE BARBiE
  5. ロボット・ハニー
  6. イエロー・スーパーカー

Tomato n' Pine

  1. なないろ☆ナミダ
  2. 10月のインディアン
  3. ためいき、オカリナ、ほら猫が笑う
    • MC
  4. FAB(Free As a Bird)
  5. 夢のカケラ...
    • MC
  6. 踊れカルナヴァル
  7. ワナダンス!
  8. POP SONG 2 U


Tomato n'Pine - 踊れカルナヴァル〜ワナダンス@PS2U