読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 TOKYO DESIGNERS WEEK 2012@明治神宮外苑絵画館前

http://www.tdwa.com/


  • 20121030-20121105 TOKYO DESIGNERS WEEK 2012@明治神宮外苑絵画館前


数年前までは頻繁に美術展に通っていたような気もするが、週末を音楽で過ごすことが多くなってしまって、そういえばこういうのも久し振りだなあ、一緒にメディアアートを観てくれる相手が欲しいなあと思いながらふらふらと。とにかく人が多い。屋内は人でごった返し、作品をのんびり観られないほど。平日昼間に休みが取れたらいいのだけれど。





「TENT展」の企業ブースで印象的だったのは、NTTドコモ展示の歴代携帯電話端末およそ600台。最初は1985年の「ショルダーホン」ではなくハンディタイプになった1987年「TZ-802」から。*1 一度たりともキャリアとしてのドコモに世話になったことが無いので、「これ持ってた」的な感慨はなかったけれど、時代の変遷というかもはや文化史的なもの。国民の殆ど誰もが持つものになっても、デザインに気を配ったモデルがほとんど無く、一貫する野暮ったさ、これも日本の文化といえばそうなのだろう。ドコモでなくとも初期のINFOBAR位しかなかったもんなあ。自分が初めて買った端末は当時驚異的にかっこよかったnokia DP-154EXで、その後はデザインについては諦めていた。iPhoneを買うまでは。





屋外の「コンテナ展」は、本当に普通のコンテナがずらっと並んでいて、その中に作品展示がなされていた。富士通の展示は、Rhizomatiksが関わった、スマートフォンを使ったインタラクションなもの。内容は90年代に岩井俊雄の作品で観たようなものばかりなのだけれど、それが美術館に展示されるメディアアートとしてではなく、誰もが手にする携帯電話端末で、その気になればアプリとして配信すれば誰もが手にできる所にある、という事が感慨深かった。





そして、TDWではそのコンテナ展の中の一つとして扱われていたけれども、完全に別格なRhizomatiksの展示「Physicalizing Data by Rhizomatiks」。素のコンテナではなく、タイヤに乗ったまま、外装もしっかりPerfumeワールドツアー仕様にペイントされている。外にはモニタ二台に「Perfume Global Site」のモーションデータ作品などを流していた。



Physicalizing Data by Rhizomatiks


Global siteの制作やMusic Videoのinteraction designなどPerfumeのProjectに関わって来たRhizomatiksによるPerfumeを素材にしたInstallation。


担当者:Rhizomatiks
技術協力:studio TED powered by SPIN Inc.、K'S DESIGN LAB
造形協力:八十島プロシード株式会社 株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ
造作協力:株式会社ユー・シー・エス、アマテラス都市建築設計
制作協力:P.I.C.S.
映像制作:McRAY CG、Daihei Shibata + Hiroshi Sato
サウンドデザイン協力:澤井妙治 (Qusmo)
機材協力:キヤノン株式会社


http://www.tdwa.com/tdw/exhibitors/container/


展示の内容は、Perfume3人の実物大モデルへのプロジェクションマッピング、そして、二種のPerfumeダンスのホログラム投影。Perfumeモーションキャプチャデータを使った「Hurly Burly」と、「Perfume Global Site Project #001」のオリジナル、つまりPerfume自身によるダンス映像。「氷結 Summer Night」でのstudio TEDとの仕事がこういう形で続いていくとなると、この先もあれこれと楽しい事になるだろう。意外にも、裸眼でここまで立体視できるのか、という非常に素朴なレベルで驚いてしまった。これは「繊細」過ぎて写真やYoutubeなどでは伝わらないだろう。大規模ライブでは難しそうなこの繊細な技術を、今後どうPerfumeのライブで面白く使ってくるか、RhizomatiksがどうPerfumeのライブを新しいものに進めてくれるのか、楽しみで仕方がない。
なお、このホログラムインスタレーションは、真鍋大度氏ももっと色んな人に観てほしいとAmuseに伝えているようなので、そのうちYoutubeなどで公開されるかもしれない。


ちなみに、シンガポールで毎年行われている巨大日本文化/アニメフェス、「Anime Festival Asia(AFA)」*2 (2012年開催は11/09-11/11)の企業出展として、Amuseが出展しており、そこに設けられた「Perfume ZONE」の展示の目玉として、このホログラムインスタレーションのミニ版「Perfume HOLOGRAM-BOX」(iPad程のサイズ)が「世界初!」として展示されているようだ。

Performing in Singapore on 24.11.12 (SAT), see PERFUME members in mini-hologram form! (First time ever in the World!)


http://www.animefestival.asia/afa12/amuse.html


AFAでのAmuseブースのもう一組は、最早さくら学院とは完全に別種のレベルで海外、特にフィンランドにアピールするBABYMETAL。ライブステージにもT.M.Revolutionらと出演し、Perfumeよりも先にシンガポール公演を果たしていた。