読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 南波志帆「乙女失格。」リリース記念スペシャルミニライブ@新宿タワレコ



ギターに岩谷啓士郎。


これまでのCymbals矢野博康土岐麻子人脈というか、キリンジ宮川弾末光篤コトリンゴなどの作家陣は、どれも素晴らしい仕事をしてきたし、それは「シティポップスの良心」的な所も含めて愛されているとは思うのだけれど、逆に言えばそれらはマジョリティの為の音楽ではない。恐らくリスナーの間口を広げるために、プロデューサー陣は「こどなの階段」をサカナクション山口一郎に依頼し、「MUSIC」をandropの内澤崇仁に依頼してきた。そしてこの新しいアルバムでは、東京事変伊澤一葉赤い公園の津野米咲、NATSUMENAxSxEという、「洗練よりも「混沌」を好む人達にまで制作を依頼している。


彼女の現時点での最高傑作であろう「君に届くかな、私。」には、「16歳にしか歌えない歌がある」というコピーが付いている。秀逸だ。ならば、19歳にしか歌えない歌もあるだろう。「乙女失格。」が、これまでのセンスの良いシティポップスの流れを汲んだ上品な作品から、とっ散らかった混沌の印象すらあるアクの強い作品に変わったことが、この先の彼女をどう変えていくのだろうか。


  1. MUSIC
  2. 少女、ふたたび
  3. さよならプリンセス
  4. 髪を切る8の理由。
  5. 乙女失格。





乙女失格。

乙女失格。