Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 Tomato n' Pine クリスマス・イヴの夜、最後のインストアイベント@新宿タワレコ

  • 20121224 Tomato n' Pine ミニライブ&握手会@新宿タワレコ7F


「散開」という名の解散を目前に控えたクリスマスイヴの夜、午後8:58にトマパイ最後のインストアライブが始まった。クリスマスの約束に遅れて残業する男の職場の最寄り駅に日比谷線で向かい、駅の改札で待ちきれない思いを綴る女の子を歌った屈指の名曲「ジングルガール上位時代」は、歌詞の中で午後8:58を指して終わる。最後まで洒落たプロデュース陣の意図に応えるように、タワレコもこのたった一回のインストアライブのために作られた時報パネルをステージに掲げた。この気の利いた赤いパネルは、トマパイを愛したファンの大切なモニュメントとして記憶されるだろう。




ライブ開始数分前から、前説の語りは時報に取って代わる。タワレコ店内に鳴り響く117時報を聞きながら、最後のトマパイを観に集まった300人がカウントダウンを心に刻む。8:58丁度に現れたトマパイは、街の女の子達がみんなとっておきのお洒落をして歩いている素敵な夜に相応しく、パール使いが印象的に映えるドレッシーなワンピースの装い。


解散直前の最後のインストアイベントにもかかわらず、湿っぽさなどよりも三人のボケ倒しが続く。和田えりかが話の流れに乗らず突然「何のケーキが好き?」と二人に聞いておきながら、聞き返されると自分は「チキン」と言い、更にはローストターキーを「土下座チキン」と主張する謎のMCから始まり、小池唯は「散開」と聞いても意味が分からず、ステージ上の時報パネルにイベント途中でようやく気付くも、トマパイのロゴの方に気を取られて時報に目が行かず、更に曲の入りの立ち位置を間違えたり、キラキラで重めのブレスレットをステージに二度もすっ飛ばすハプニングが続いたり。
そして草野日菜子は、放っておくとステージの後方に下がってしまういつもの三人を、「前に行こうよ」と何度も声をかけてしっかり者を演出したかと思えば、最後の最後で「これからも三人を宜しくお願いします。あっ…散開しちゃうんだった」で壮絶なオチを付けた。


プロフェッショナルなアイドル像とはかけ離れた、緊張しながら超絶緩い、上品だけど気の抜けた、これぞトマパイと言える絶妙な空気を最後までしっかり見せてくれて、ファンもみな笑って最後の時を過ごした。クリスマスに相応しい素敵な夜だった。





  1. ジングルガール上位時代
    • MC
  2. 雪がふるから・・・
  3. 大事なラブレター
    • MC コール&レスポンス
  4. ワナダンス!


PS4U(初回生産限定盤)(DVD付)

PS4U(初回生産限定盤)(DVD付)

PS4U

PS4U