読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 ライムベリー、本体ユニット「usa☆usa少女倶楽部」としての活動休止@赤坂GENKI劇場

music idol rhymeberry


usa☆usa少女倶楽部の派生ユニットであるライムベリーが、本体の活動を休止して派生ユニットに専念することになった。BABYMETAL水野由結菊地最愛さくら学院の活動を休止する、Mスリー下村実生藤田みりあ林田真尋がFairiesの活動を休止する、というような事を考えてみると、以前から見てきた本体のファンの複雑な感情を推測できるかもしれない。


勿論現場のファンにも当然のように賛否両論はある。ライムベリーメンバーは本体の最初期から活動してきた一方で、ライムベリーのライブに出る時は本体のライブには出ないということも既に頻繁にある状態だった。ライムベリー現場を通して、本体の活動と現場を支えるファンの人達に共感を抱くようになっていった自分としては、その辺りの「暗黙の了解」となっていた休止(「卒業」でもなく)を、この時点で明言すること自体に意味があるのか、と最初は感じたりもしたが、現場で色々な意見を聞いた結果、自ら背水の陣を敷く決断をした以上は、ライムベリーのその本気に期待を持ちたいし、世代交代となった本体には次世代にしっかり本体の活動を形作ってほしい、という当たり前の所に帰結した。寂しさを圧してライムベリーの将来に希望を託したusa☆usaファンの為にも。



20130414 「usa☆usa学園ライブ Vol.70」@赤坂GENKI劇場


@RHYMEBERRY1
ライムベリー
【本日4/14(日)11時半〜】「usa☆usa学園ライブ」、赤坂GENKI劇場。※ライムベリーはこのライブをもってusa☆usa少女倶楽部としての活動を休止します。 http://t.co/ShVfkjANpW UST配信 http://t.co/CufNMMlaBk link


本体からの卒業や脱退ではなく、「休止」ということだが、その当日になってみれば、自分達のホームである組織から離れるという事実はこちらが想像する以上に彼女達を不安定たらしめていた。usa☆usa前のライムベリーライブは、既に泣き腫らしたようにみな真っ青な顔をして登場、完全に心ここにあらずの状態で、目の前のライブに集中できない状況が手に取るように見えた。勿論、観客側も同じ状態にあった。ライブ冒頭から「もっと声出せるでしょ!」とMC MIRIの罵声が飛ぶ。「いまは客が空気を読んで支えてほしい時なのになんなのよ!」という声が続いて飛んできそうな空気だったが、誰もそれを責められはしない。

  1. RHYMEBERRY Iz No.1
    • MC
  2. HEY!BROTHER
  3. SUPERMCZTOKYO
    • MC
  4. 世界中にアイラブユー
  5. MAGIC PARTY

トリにusa☆usa少女倶楽部、ライブは皆笑顔でやり切った。最後にプロデューサー渡辺氏が出てきてメンバーそれぞれに思いを語らせる。言葉にした途端に感情は一気に噴き出す。次世代のメンバー達が先に泣き出し、大田原優花も泣き出した。信岡ひかるが唯一の一期生、色々な風景をみてきたことだろう。当時の信岡は「笑う」ということの意味が理解できず、常に無表情だったという、それが周りのメンバーの笑顔をみて「笑うと可愛い」ということに気付き、そこからぎこちないながらも笑顔を作り始め、人らしい表情を手に入れたという。まるで漫画やラノベ世界の住人そのままのエピソードだ。今はまたライムベリーでクールなキャラを演じてはいるが。
泣きじゃくる後輩達に「卒業じゃないし、ライブも一緒だし大丈夫だよ」と優しく語りかける大田原、「(次世代は)トークも歌も巧いメンバーがいるから、次は任せた」と先輩らしく引き継ぎを宣言する櫻井未莉と持田妃華。



20130414 「ライカアイドル Vol.67」@赤坂GENKI劇場


そしてusa☆usa休止後初のライブとなるライムベリー。現場に残るusa☆usa本体への未練の空気も何もかもを振り切るかのような、隙の無い怒涛のハード選曲で押し切る。お前らよく見ておけ、これが耳ヲ貸スベキライムベリー。いつものラスト曲「MAGIC PARTY」まで一気に突っ走った後に、いつもと趣向を変えて抒情的に「WJ」で締め。オールドスクール日本語ラップのハードコア精神とミドルティーンの透明な青春の振り幅を持てるのがこのユニット。彼女達のステージは、今日の本体活動休止とこのライブをもってネクストフェーズへと進んだ。

  1. RHYMEBERRY Iz No.1
  2. SUPERMCZTOKYO
    • MC
  3. HEY!BROTHER
  4. R.O.D.
  5. まず太鼓
  6. MAGIC PARTY
  7. WJ

ライムベリー - 世界中にアイラブユー(PV)

ライムベリー - まず太鼓(Live 120722)



R.O.D./世界中にアイラブユー

R.O.D./世界中にアイラブユー