読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

Perfume かしゆかの久しぶりに買ったCD@PTA Blog 20130628

http://www.perfume-web.jp/pta/blog/?cid=2


先日のUKセレクトに続いて、*1 樫野さんのセレクト12枚にきゅんきゅんする時間。Warp Recordsのカタログを90年代からひたすら買い続けているWarp大好きおじさんなのでWarpやBrainfeeder、Ghostly Internationalのリリースを樫野さんが手にしているだけで簡単にきゅんきゅんできる。「CDを買いに行ってきた」という事は店頭でパッケージを買っているんだなあ。

Perfume これ レーベル
かしゆか Yeah Yeah Yeahs /
Mosquito
Mosquito Interscope Records
かしゆか Baths /
Obsidian
Obsidian[歌詞・対訳付き / 国内盤] Anticon
かしゆか Port St. Willow /
Holiday
Holiday Downtown
かしゆか Madegg /
Kiko
Kiko [国内盤] (DTR009) Day Tripper Records
かしゆか Phoenix /
Bankrupt!
バンクラプト! Loyaute/Glassnote/Atlantic
かしゆか Bjork /
Biophilia
Biophilia One Little Indian
かしゆか Lapalux /
Nostalchic
Nostalchic [帯解説付・ボーナストラック1曲収録/国内盤] (BRC367) Brainfeeder
かしゆか Quadron /
Avalanche
Avalanche Vested In Culture/Epic
かしゆか Vampire Weekend /
Modern Vampires of the City
モダン・ヴァンパイアズ・オブ・ザ・シティ XL Recordings
かしゆか Gold Panda /
Half of Where You Live
ハーフ・オブ・ホェア・ユー・リヴ Ghostly International
かしゆか Rhye /
Woman
Woman Loma Vista/Republic Records
かしゆか !!! /
THR!!!ER
THR!!!ER [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] Warp Records

Yeah Yeah Yeahs - Sacrilege

Baths - Miasma Sky

Port St. Willow - Holiday (live on Big Ugly Yellow Couch)

Madegg - Spider

Phoenix - Entertainment

bjork - moon

Lapalux - Guuurl

Quadron - Hey Love

Vampire Weekend - Step

Gold Panda - Brazil

Rhye - Open

!!! - One Girl/One Boy


※参考
Perfumeの好きなUKミュージック@在英国日本国大使館インタビュー
http://d.hatena.ne.jp/aerodynamik/20130604/p1

Perfume かしゆかダブステップ好きですね。最近また好きになってる」@ナタリー「Power Push」m-flo
http://d.hatena.ne.jp/aerodynamik/20120329/p1

Perfumeの好きな曲まとめ
http://d.hatena.ne.jp/aerodynamik/10000101/p1




そういえば、06/19からようやくPerfumeの楽曲が国内iTunes Store解禁、そして海外配信対象国も116カ国に拡大、徳間ジャパン時代の楽曲も配信対象となった。*2 一方、先日「Spotify」が日本でサービスを開始するというニュースが。*3 「CD=握手券/投票券」と揶揄される一方で、相変わらず「Music Unlimited」「レコチョクBest」「KKBOX/Lismo Unlimited」も大してうけない日本市場がこれをどう受け止めるんだろう。
オリコンチャートしか評価軸が無いのが悪いと言っても、日本ではパッケージの次のビジネスモデルが整っていない。PSY「江南スタイル」の世界的ヒットのソースとして「Billboard Hot 100」が引き合いに出される時点で当然の話だとは思うが、あれはオリコンのような単なるCDセールスランキングではなく、ラジオのオンエア回数、iTunesのようなダウンロードサービスのダウンロード数、Spotify/Rhapsodyなどのストリーミングサービスでの再生数、そして(集計方法の変更を行った途端にPSYは2位から100位圏外に消えた、つまり再生回数を操作し放題の)YouTubeの再生回数までを集計対象に含んだ、音楽が聴かれている状態を時代に合わせた形で広く総合的に捉えようとしている非常に意欲的なチャートだ。「江南スタイル」はUS盤など出ていないし、今年Youtubeにネタ動画がアホみたいに大量に投稿されたBaauer「Harlem Shake」は、ビルボード1位を獲得したにも拘らず最早CDすらリリースされていない。CDが一枚も売れていなくても、それは音楽を楽しむ主戦場が変わっただけだと完全に割り切ったチャートが指標になる、もう他国はそういう時代に移ってしまった。


Perfume「WORLD TOUR 2nd」で訪れる欧州の人達は、YoutubePerfumeを知ってPerfumeの楽曲を聴きたいと思っても、少し前まではYesAsiaに高い金を払って日本盤CDを一月かけて輸入するしかなかったし、ユニバーサル移籍後iTunes Storeでの配信が始まっても、「JPN」より前の楽曲は配信されてこなかった。ライブDVDはリージョン2なので欧州は圏内だったが、他地域では再生する事すらもできない。違法コピーにギャーギャー言う以前に、やるべきことはかつてジョブズiTunes Storeを1曲99セントで始めた時のように「規制ではなく、違法行為がバカバカしくなるほどの手軽で便利な合法サービス」なのだろうし、bandcampのような誰でも簡単に配信者になれる、ミュージシャンに直接対価を支払えるサービスも模索されている。とりあえずPerfume楽曲のiTunes Store解禁はスタートラインでしかない。世界中でのヒットなど期待する時代ではないからこそ、世界中に散らばっている少数だけれども強く興味を持ってくれている人には、確実にその手元に届けたい。西脇さんの言う「待ってくれている人がいるから届けに行く」という言葉のように。