読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

2013年個人的ベストディスクを書いておく 1/2

music


落ち着いて音楽を楽しむメンタリティを失った一年。一年で最も音楽を聴いていた場所は、家でもなく、もちろんクラブやアイドル現場でもなかった。平日仕事が終わった後、職場の最寄り駅のホームのベンチに座って、目の前を行き過ぎる地下鉄と行き交うサラリーマンを視界に入れるともなく、一時間位ただ茫然としている、昨年はそういう時間が長かった。そこで時折ヘッドフォンで音楽を聴いていた。それが多分2013年の音楽体験として一番長い時間だった。大好きだったはずのAutechreはもう聴けない。


2013年はEDMが商業的にとてつもなく大きな存在となって他のエレクトロニックなシーンを食い荒らすかと思いきや、対岸の火事どころか、なんだか遠くの出来事みたいな感じで、仕事の調整を付けて毎週火曜日に通ったdiskunionのクラブミュージック館では、新譜に付けられたコメントにインダストリアル/ミニマル/エクスぺリメンタル/アンビエント/ドローン、そういう文字ばかりが踊るようになった。EDMが鳴っていたのはクラブのフロアではなく、大規模フェスで、EDM演者のスタンスから何から「スタジアムロック」というか、LAメタルそのもので、ああそういう意味ではPASSPO☆は早かったなという変な感じ。


DUMMY/FACT/MOJO/PITCHFORK/Resident Advisor/SPINあたりのランキングを見る限りDaft Punk「Random Access Memories」、Kanye West「Yeezus」、Vampire Weekend「Modern Vampires in the City」の年だったっぽい。そうなんですか。




好きで聴いている音楽なのだから10作や20作選べと言われてもそんなに簡単なことではない。切り捨てる能力、あれだ、断捨離、それが問われるのはエディターやライターの世界であって、人に見せる訳でも無く、自分の一年の振り返りの為に書いているのだと割り切って、愛聴したものを何枚でもピックアップするよ。2013年個人的ベスト60枚、順位無し、名前昇順(A-Z-仮名-漢字)で。エントリは二つに分割。


アーティスト タイトル レーベル  
9nine CUE SME CUE(初回生産限定盤A)(DVD付)


tofubeats過去リミックスが初回盤の2枚目にまとめられたのは嬉しい、アルバム本編のtofubeats提供曲「CANDY」も凄くいい。ということでピックアップしたけれど、アルバム本編全体がいいかというとそうでもない。パフォーマンススキルもグッと上がった9nine、彼女達の楽曲に欠けているものは「欠落」なんじゃないかと思う。見た目とかスキルとか色々バラバラな要素があって面白いのに、こと音源に関しては作りに甘さが無くて完璧すぎる、遊びが無い。で、今のメンバー全員の声も綺麗に揃い過ぎている。重ねた時の面白さが無い。もっと音程をバラすなり、音に余裕と遊びを持たせるなりがあった方がいい。一癖も二癖もあるアイドルばかりが注目される中、それらのアンチテーゼとしての存在を特に意識しているのかもしれないけれど、2枚目のtofubeatsリミックスの方が原曲よりずっと面白い。


CANDY/9nine 3/16越谷レイクタウン



アーティスト タイトル レーベル  
80kidz 80:XX - 01x02x03x04 BounDEE by SSNW 80:XX-01020304


80kidzとかそんなダサいもの誰が聴くかという印象だったのだけれど、「80」EPシリーズの突き抜け方が半端なくて見方を改めた。Lone的なデトロイト経由のサウンドからジュリアナぎりぎりのレイヴまで、とにかく切れてる。


80KIDZ - Abdullah



アーティスト タイトル レーベル  
Asalto Al Parque Zoológico Soft Focus HANDS AND MOMENT  


My Bloody Valentineが1991年以来の新譜を出したというのに、個人的に一番聴いたシューゲイザーは数限りなく存在するMBVイミテイターの一つだった。このアルゼンチンのバンドの方が期待され過ぎた本家の新譜よりもMBVっぽいし、出来がいいんじゃないかとまで思わせる。タワレコ限定で既存音源をパッケージリリース。


Asalto Al Parque Zoológico - Breeze



アーティスト タイトル レーベル  
Bibio Silver Wilkinson Warp Records Silver Wilkinson [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] 特典ポストカード付 (BRC373)


待たされたわりにはBoards Of Canada「Tomorrow's Harvest」のピンと来ない感、これはまた5年位寝かせておけばいい味が出てくるんじゃないだろうか。その代替を担ってくれた、毒のあるノスタルジーに彩られた一枚。


Bibio - À tout à l'heure



アーティスト タイトル レーベル  
Carl Craig Masterpiece 6 Ministry of Sound MASTERPIECE ( 直輸入盤・帯ライナー付 )


スターピースというか、1枚目は極端に今のフロアの音で、2枚目は流れも何もなくモータウンMoritz Von Oswaldなどぐしゃっと今聴いている音を並べただけ、この極端さがいい。


Tom Trago - Use Me Again (Carl Craig Remix)



アーティスト タイトル レーベル  
CAPSULE CAPS LOCK WARNERMUSIC JAPAN/unBORDE CAPS LOCK(初回限定盤)


YAMAHAからASOBISYSTEM/unBORDEに移籍したらこれまで以上にチャラくなるんじゃないかと思ったら引き籠りサウンドを出してきたことには随分驚かされた。内省的な電子音楽、「ESC」なんかメロディーも何もない音響ドローンで、初回盤にはこの曲の「extended mix」まで入っている。この内側を向いているのに豊かでポップでなおかつ実験的な電子音楽は、細野晴臣「Philharmony」と並べて語られるべき。全然大袈裟では無い。


CAPSULE - CONTROL (FULL ver.)



アーティスト タイトル レーベル  
Clark Feast / Beast Warp Records Feast / Beast [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 2CD / 国内盤] (BRC391)


リミックスワーク集。耽美ニカの一枚目と、暴力ニカの二枚目。


Battles - My Machines (Clark Remix)



アーティスト タイトル レーベル  
Compuma Something In The Air 2 Something About  


コンピューマ松永耕一によるのアンビエントメディテーションなミックス。精神的にヤバい状態に追い込まれた時には随分助けられた。



アーティスト タイトル レーベル  
Conny Plank Who's That Man - A Tribute To Conny Plank Groenland Records フーズ・ザット・マン~トリビュート・トゥ・コニー・プランク[英文ライナー日本語対訳付き]


没後26年、偉大なる電子音楽エンジニア、コニー・プランクのプロデュース作品を集めた2枚、Möbius/Plank/Steffen名義の86年ライブ1枚、彼のプロデュース作品のリミックス1枚、計4枚組。ボリュームも凄いが、リミックスの出来もなかなかよい。特にNEU!「Für Immer」山塚アイリミックスが壮絶。



アーティスト タイトル レーベル  
Cornelius NHK「デザインあ」 WARNERMUSIC JAPAN NHK「デザインあ」


攻殻機動隊 ARISE O.S.T. by Cornelius」でもそうだけれど、基本的に「Sensuous」を出した頃と変わらんねえ。


デザイン あ 「あ」のテーマ



アーティスト タイトル レーベル  
Cut Chemist Funk Off - Vox Populi! And Pacific 231 A Stable Sound Cut Chemist Presents Funk Off - Vox populi! And Pacific 231【日本先行発売、16Pカラーブックレット封入、日本盤ボーナストラック3曲収録、解説(8,000文字)、ブックレット日本語訳付(12,000文字)】


Cut ChemistがフランスのVox Populi!とPacific 231の音源をミックスしたもの。オーバーグラウンドでEDMが消費されるなか、EDMの光の当たらない今まで通りのエレクトロニックなシーンは重苦しくて解放感の無いインダストリアル/エクスペリメンタル/ドローンへと極端に回帰していて、こういうニューウェーヴ当時の薄気味悪いアングラノイズインダストリアルまで引っ張り出され、Cabaret Voltaireの再発や、PlaygroupのTrevor JacksonによるEBMコンピまで出るという、暗く冷たい時代。


Cut Chemist Presents "Funk Off" Vinyl and CD Promo



アーティスト タイトル レーベル  
Cuushe Butterfly Case Flau Butterfly Case


日本国内のポップアンビエントの中でちゃんと聴いたのはこれくらい、3年遅れのchillwaveサウンドだけれど、良い出来。


Cuushe - Butterfly Case trailer



アーティスト タイトル レーベル  
Dorian Midori Space Shower Music midori


一気に方向性が変わった。これを評価すると砂原良徳の1998年一連のパンナム作品から耳の進化が無いような気分になるが。


Dorian - Onsen Holiday



アーティスト タイトル レーベル  
Especia ミッドナイトConfusion つばさレコーズ ミッドナイトConfusion (CD+DVD)【初回盤】


12インチシングルに収録されていた10分を超える「海辺のサティ (Vexation Edit)」、Vaporwaveほどにはディープトリップし過ぎない絶妙なラインのホンマカズキのPVも含めて、ハウスイベントで若者が始発で帰ってしまった後、朝6時を過ぎてから始まるゆるくてセクシーなダンスフロアのあの感じ。


Especia「海辺のサティ(Vexation Edit)」VJ MIX MV



「ミッドナイトConfusion」のPVも秀作で、多分彼女達の世代はもう知らないだろう「VHSカセットの折れたツメにテープを貼る」行為、思い出を上書きするというあの儀式の切なさ加減に泣ける。


Especia「ミッドナイトConfusion」MV



アーティスト タイトル レーベル  
FantaRhyme Do The Study TRUST  


これを評価すると砂原良徳の1998年一連のパンナム作品とかハルカリから耳の進化が無いような気分になるが。とか言ってる間にそういう方向性から大きく離れて行ったけれどこの開放感は相変わらず。「Baby Talk」もようやくリリースされた。


FantaRhyme_緊急発売CD [DO THE STUDY]のCM



アーティスト タイトル レーベル  
The Field Cupid's Head Kompakt CUPID'S HEAD +1


この芳醇な閉塞感。


The Field - Cupid's Head 'Cupid's Head' Album



アーティスト タイトル レーベル  
Friendly Fires Late Night Tales 30 Late Night Tales Late Night Tales - Friendly Fires - [帯・解説付 / 国内盤仕様] (BRALN30)


今年の死後の世界ミックスベスト。今を生きるために必要な死後の音楽。


Iron Galaxy - Attention Seeker



アーティスト タイトル レーベル  
Gold Panda Half Of Where You Live Ghostly International Half of Where You Live


自分が生きているのか死んでいるのか分からなくなるこの感じ。


Gold Panda: We Work Nights



アーティスト タイトル レーベル  
Head High Burning Power House Burning


今の時代にこの音でこのかっこよさという、笑えるようなレベルでハードダンシング。


Head High - Burning (Keep Calm Mix)



アーティスト タイトル レーベル  
Ikonika Aerotropolis Hyperdub Aerotropolis [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC388)


今年のHyperdubはどれを聴いても面白くて、Laurel HaloやJessy Lanzaを高く評価するチャートが多いのだけれど、紺人的にはこのグルーヴ感がイマイチなオールドスクールエレクトロリバイバル、Jimmy Edgarからハードなグルーヴ感を抜いたようなスクエアさのこの一枚。「MODEL500の未発表トラック」とでも書き換えて売ったら評価されそうなエレクトロトラックがいくつも。


Ikonika - Mr Cake



アーティスト タイトル レーベル  
James Holden The Inheritors Forced Exposure Inheritors


仮に順位を付けるとするならば、何を差し置いても今年の一位はダントツにこれだ。刺激的でエクスペリメンタルなダンスミュージックで、クラウトロックとオカルトの匂いに満ち満ちている。Boards Of Canadaの新作に求めていたものはこれだ。


James Holden - Renata

James Holden- Delabole

James Holden- Circle of Fifths



アーティスト タイトル レーベル  
Juice=Juice ロマンスの途中 hachama ロマンスの途中/私が言う前に抱きしめなきゃね(MEMORIAL EDIT)/五月雨美女がさ乱れる(MEMORIAL EDIT)(通常盤)


「Everybody clap your hands」の「Everybody」の頭に「Y」の発音が入る気持ち悪さと、「ジェラシー(宮本)のない(高木)恋つまんない(金澤)」、この中途半端な歌割。物凄く引っかかる。「イジワルしないで 抱きしめてよ」の安っぽいサンプリングピアノの音色がたまらん。徹頭徹尾ダサい。これがハロプロ泥沼か。今年一番聴いたアイドル曲。


Juice=Juice 『ロマンスの途中』 [Romance is on its way] (MV)



アーティスト タイトル レーベル  
K-X-P II Melodic II


Klaus Dingerが亡くなって5年経つのにLa Düsseldorfの新譜が出た、とか言ってたら「Klaus Dinger & Japandorf」がリリースされてびっくりした。このPVに映っている人達の別人加減がひどい。


K-X-P - Flags and Crosses



アーティスト タイトル レーベル  
Kyle Hall The Boat Party Music 4 Your Legs BOAT PARTY (直輸入盤・帯ライナー付)


100% Silkとかあの手のインディーダンスバンドシーンが忠実に90年代初頭のハウスリヴァイバルをやっている一方で、Kyle Hallの雑な作り、ああこの荒涼感。


Kyle Hall - Kixclap$chord$nhat$



アーティスト タイトル レーベル  
Lone Airglow Fires R&S Airglow Fires [輸入アナログ盤 / 12インチ] (RS1310)


美しい。完璧。デトロイトベルギーを結んだ点がここに繋がる。


Lone - Airglow Fires



アーティスト タイトル レーベル  
Luke Vibert Nuggets 3 Lo recordings LUKE VIBERT’S NUGGETS 3


第3弾が出た。今回はBurton Music Libraryからのライブラリー音源集。Alan Hawkshawとかレコードになっていない音源がまだまだあるのだろう。


Alan Hawkshaw - Hot Seat



アーティスト タイトル レーベル  
Lusine The Waiting Room Ghostly International THE WAITING ROOM


ハウスとミニマルとクリックの中間の音で知的さとダンスのセクシーさを両立したものをとにかく聴きたい。


Lusine - Lucky



アーティスト タイトル レーベル  
lyrical school わらって.net / Myかわいい日常たち T-Palette Records わらって.net/My かわいい日常たち(初回限定盤)


結局鴨田潤の切ない感じが好きでたまらないのか。「S.T.A.G.E feat. 深瀬智聖 (from LinQ)」にも鳥肌が立った。これはいい映像を残した。


lyrical school / わらって.net

lyrical school - S.T.A.G.E feat. 深瀬智聖 (from LinQ) 4:45から



アーティスト タイトル レーベル  
Max Loderbauer Tranzparenz Non Standard Productions Tranzparenz


Sun Electric以降Ricardo VillalobosとのコラボやMoritz Von Oswald Trio、何だかんだと作品は耳にしているけれど、ソロ作品はこれが初めて。柔らかエクスペリメンタル。


Max Loderbauer - Shelf



アーティスト タイトル レーベル  
Negicco Melody Palette T-Palette Records Melody Palette


小西康陽提供「アイドルばかり聴かないで」が時代遅れの後ろ向きスノッブなサブカル楽曲派まで届いた功績、みたいなところまで含めてもっと売れてほしい。「we love the music, we love the disco sound, hey!」とか「A New Stereophonic Sound Spectacular」みたいな当時定番のサンプリングネタでも、今使えないなら本人達に言わせればいいという発想が気持ちよかった。シングルのシークレットトラックも気持ち悪いほど時代遅れで凄くいい。


Negicco / アイドルばかり聴かないで MV(full ver.)



以上名前昇順(A-Z-仮名-漢字)30枚、以下後半へ。


後半はこちら
http://d.hatena.ne.jp/aerodynamik/20140105/p1