読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

「Perfumeの掟」2007年バージョン楽曲まとめ


Perfumeのライブでは「Perfumeの掟」というダンスパフォーマンスコーナーが何度か形を変えて行われているが、そういえば映像が商品化されていない2007年バージョンの選曲をまとめておくのを忘れていた。あまりに今更過ぎるが書いておく。これはもう商品化されることも無いだろう。



Perfumeの掟」2007年バージョンが披露されたのは全部で5回。その年の07/01から放送されたNHK/AC「リサイクルマークがエコマーク。」CMでPerfumeがようやく世間に認知され、大きな注目を浴びることになる。9月の「ポリリズム」リリース後の初ワンマンライブはキャパ250の名古屋ell.FITS ALLが予定されていたが、急遽倍サイズのElectric Lady Landに格上げされ、東京ドーム公演でも触れられたアクターズスクール広島テレビ新広島スタジオ公演があり、その年の年末にはZepp Tokyoカウントダウンの枠が突然空いてしまった所にHOT STUFF PROMOTIONとの縁で急遽Perfumeに話が持ちかけられ、その枠を務めることとなった。ライブ規模は、「ファン・サーヴィス [bitter]」に収められている2006年クリスマスの原宿アストロホール400人から、一年間で2700人にまで一気に跳ね上がった。そしてその一年後には武道館2days、そういう驚異的な加速度の真っ只中の時期にあった。

  • 2007/10/31 感謝!感激!ポリ荒らし! 〜あらためまして、Perfumeです〜 (名古屋Electric Lady Land)
  • 2007/11/01 感謝!感激!ポリ荒らし! 〜あらためまして、Perfumeです〜 (大阪Muse)
  • 2007/11/03 感謝!感激!ポリ荒らし! 〜あらためまして、Perfumeです〜 (テレビ新広島新館9階スタジオ)
  • 2007/11/08 Perfume 〜SEVENTH HEAVEN イイ気分♪〜 (Liquidroom恵比寿)
  • 2007/12/31 Perfume まさかのカウントダウン!? 〜リ○ッドルーム あの夜をもう一度 in Zepp Tokyo〜 (Zepp Tokyo)


そして、この選曲。2007年は新しいクラブカルチャーサウンドとしての「エレクトロ」に最も勢いがあった年だ。アイドルと最先端のクラブミュージックが同居する風景は、当時あまりにも衝撃的だった。また、演出、選曲はMIKIKO先生。NYへのダンス留学中に、Jonte'と同じクラスで学び、彼に大いに刺激を受けたという。そういう時代背景がぎっしり詰まった楽曲群。


これ レーベル
Justice /
Stress
Ed Banger Records
Digitalism /
Echoes
Idealism Kitsuné Music
Sebastian Ingrosso /
Get It Back
  Star Mark
H.C.C.R. feat. Jessica Eve /
What Happened (Acapella Wet)
  Rise
Calvin Harris /
This is the Industry
I Created Disco Fly Eye
M.I.A. /
XR2
Kala XL Recordings
Felix Da Housecat /
What She Wants
Devin Dazzle & The Neon Fever Emperor Norton
Jonte' Moaning /
Make-Up (DC’s No Panties mix)
   

Justice - Stress

Digitalism Echoes

Sebastian Ingrosso - Get It Back

H.C.C.R. feat. Jessica Eve - What Happened

Calvin Harris - This is the Industry

M.I.A. - XR2

Jonte' Moaning - Make-Up

Vanity 6 - Make Up



なお、この辺りの時代にどんな音が鳴っていたか、Perfumeがどんな存在であったか、下記の記事にざっくりまとめてあるので参考まで。。


Perfume「近未来三部作」の衝撃を、エレクトロ名盤とともに時系列で振り返る
http://d.hatena.ne.jp/aerodynamik/20110302/p1