Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 T-Palette Records 感謝祭 2013@ラフォーレミュージアム六本木

http://ure.pia.co.jp/articles/-/19765
http://natalie.mu/music/news/106035
http://www.girlsnews.tv/unit/121775
http://www.entamenext.com/news/detail/id=132



http://ameblo.jp/sakurai-miri/entry-11729759928.html
http://ameblo.jp/himemari5141225/entry-11730511185.html
http://ameblo.jp/yasahanablog/entry-11730596345.html
http://ameblo.jp/nobuokahikaru/entry-11729965507.html


活動休止中のライムベリー、4ヵ月振りのステージ。ライブ後にはステージパフォーマンスを絶賛するツイートと、復活を喜ぶツイートが溢れた。


しかし、ライムベリーの置かれた状況は限り無く複雑になってしまった、二か月の休養のはずが、全く別の問題にすり替わっていた。この日のライムベリー復活ステージも、一日限りのものになることは事前に分かっていたし、あれほどこの時を待ち望んだいつもの現場の面々も、こういう形での彼女達の「復活」を喜んではいなかった。事態が解消されていないのだから、このステージが終わればまた活動は止まる。昼に行われた物販には、まるで身内の葬式に参列するかのように暗く思い詰めた表情でいつもの面子が集まり、そして物販では笑って彼女達と短い言葉を交わしてステージの成功を祈り、再び夜の開演に集い、ライムベリーのステージが終わった後はそのまま泣きながらフロアを離れてラウンジに集まって身を寄せ合い、他のアイドル達のステージを観るでもなく、再び襲ってきた喪失感に蹂躙されるがままになっていた。


メンバー達はライムベリーとしてステージに立ちたい、この四人で活動したいという情熱をブログに書き綴り続ける。自分で箱を借りてライブをできないのか箱を下見に行った、ライムベリーの為に進路を変えた、それほどに真っ直ぐな彼女達の感情と時間は彼女達自身を浪費してゆく。あの年齢の頃の青春の輝ける時間が、どれだけ短くそして貴重なものなのか、年を重ねるほどそんなことなど忘れてしまうし、そして極まれに思い出すことがあればそのあまりの儚さに愕然とする。




DJのハンドクラップに乗せてMC三人のフリースタイル調のラップが始まり、そしてファンキートラックがドロップされる…かと思いきや音が出ない、そんな機材トラブルから始まった4ヵ月ぶりのステージ。スタッフ/プロデューサーまでもがステージに上がって機材チェック、咄嗟にMC MIRIが勢いだけでトークして場を繋げるのは積み上げてきた場数ゆえ。程無くしてCDJからのスクラッチ音がスピーカーを鳴らし、ライブは再スタート。4ヵ月のブランクを全く感じさせない加速度付けたパーティラップ、勝ち負けなしでも満場一致で上から下まで大興奮。




それから一月経って、活動初期からのトラック「ウィンタージャム」がCD/12インチでリリースされることが発表された。随分前にレコーディング済で、年末を歌った曲だから、昨年のうちに出せるものなら出したかっただろう。まあそんなことは今となってはどうでもいい。もともとの電気グルーヴ「新幹線」から五島良子のコーラスをサンプリングしたオリジナルトラックは一年中やっていたし、リリースされるリミックスバージョン、これも夏のイメージばかりだ。このシングルのリリースイベントをもって復活できるのかと思えば、メンバーはLAへ短期留学に行くという。それがいい。本場の空気を沢山吸収してまた大きくなってくれればいい。身動きも取れずに貴重な時間を潰しているよりよほど有意義だ。その間に大人が問題を片付けておいてくれればいい。

あと少しで今年も終わる 新しい今年がやってくる
昨日より少し成長した? 大丈夫きっとしてるよ今


みんな心枯れています つーいつい涙が出ます
年末寒さで参ってます
誰のせい それはあれだ 冬のせい

http://tower.jp/article/news/2014/01/16/n05
http://natalie.mu/music/news/107854


ライムベリー - ウィンタージャム(sample)


ライムベリー - WJ(RMX)(Live 120625)



バニラビーンズ

  1. Night on the Earth
  2. マスカット・スロープ・ラブ
  3. サブカルガールまどか
  4. プリーズミー・ダーリン
  5. サマーバケーション

キャラメル☆リボン

  1. スタートリボン
  2. 虹色
  3. ALL NEW FEELIN'

T-Paletteスペシャルコラボユニット(アップアップガールズ(仮)/バニラビーンズ/キャラメル☆リボンlyrical school mei)

  • 映画「讐 〜ADA〜」の主題歌「Bad Blood」

ワンリルキス

  1. 忘れられないよ
  2. チョップスティック・ラブ
  3. ダンシング・セブンティーン

ライムベリー

  1. SUPERMCZTOKYO
  2. Hey!Brother
  3. We did it
  4. WINTER JAM(RMX)
  5. まず太鼓
  6. MAGIC PARTY〜世界中にアイラブユー

T-Paletteスペシャルコラボユニット(キャラメル☆リボン上野天音/Negicco Kaede/lyrical school ayaka/しず風&絆〜KIZUNA〜水野晴子)

  1. 天野春子/潮騒のメモリー

NA-NA セットオリスト

  1. FuッFu―ッ!!
  2. 恋愛サーキュレーション
  3. HAPPY DAYS
  4. キャンディ☆マシンにのって

しず風&絆〜KIZUNA〜

  1. 交-Majiwari-
  2. チェッカーフラッグをとめろ
  3. GROWING UP
  4. つくしん暴
  5. 歩いていこう
  6. PINKのロケット

lyrical school

  1. リボンをきゅっと
  2. プチャヘンザ!
  3. PARADE
  4. tengal6
  5. そりゃ夏だ!
  6. Myかわいい日常たち
  7. photograph

Negicco

  1. さよならMusic
  2. イミシン☆かもだけど
  3. アイドルばかり聴かないで
  4. ネガティヴ・ガールズ!
  5. 圧倒的なスタイル
  6. ときめきのヘッドライナー

アップアップガールズ(仮)

  1. チョッパー☆チョッパー
  2. SAMURAI GIRLS
  3. リスペクトーキョー
  4. アップアップタイフーン
  5. ENJOY!!ENJO(Y)!!

T-Palette全員

  1. 広末涼子/MajiでKoiする五秒前


ウインタージャム

ウインタージャム

ウインタージャム [Analog]

ウインタージャム [Analog]

  • アーティスト: ライムベリー,M.KOSHIMA,巣瀬哲生,S.MATSUMOTO,Y.MATSUMOTO,E TICKET PRODUCTION
  • 出版社/メーカー: T-Palette Records
  • 発売日: 2014/02/12
  • メディア: LP Record
  • この商品を含むブログ (1件) を見る