Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 GALETTe 3rdシングル「Brand-New Style」発売イベント ミニライブ@新宿タワレコ

http://tower.jp/store/event/2014/06/1055061512
http://ameblo.jp/galette-official/entry-11879271223.html
http://ameblo.jp/sapis/entry-11879826836.html


  • 20140615 GALETTe 3rdシングル「Brand-New Style」発売イベント ミニライブ@新宿タワレコ7F


新宿タワレコがリニューアルして一ヶ月。*1 1998年に現在の店舗ができて以来の大改革となった2012年のリニューアルでは、入口となる7Fをジャニーズ/アニメ/アイドル/ヴィジュアル系で固め、CDを売るという商売の転換点を象徴するようなインパクトがあった。*2 それからエレクトロニカアヴァンギャルドがクラシックフロアに戻ったり、細かい調整は常に行われてきたのだけれど、今回はアニメコーナーが2倍近く大きくなり、コミックスまで置き始め、ショップインショップとして「TOWERanime」の旗艦店となった。同人CDまで置いたつくば店の成功に相当な自信を得たのだろう。新宿店のアイドルコーナーはちょっとした聖地になっていたが、8FのDVD/BDを置いていた場所にK-POPが移動し、そのK-POP跡地にアイドルコーナーが収まった。何となく奥まってしまった印象はあるが、空間的にはかなり余裕ができ、AKB/スタダ/ハロプロの固定棚に巨大なスペースを割いた上で、新譜も余裕をもって面陳、その下にはブームに便乗して山のように出続けるアイドル雑誌を平積み。



エレベータ側は8×4の面陳で3組を展開する贅沢さ。このイベントの週は東京女子流とGALETTeがその大展開に並んで収まるディスコティーク空間となっており、メンバーもその様子に興奮、写真を撮ってTwitterに上げて欲しいと大喜び。




「ダンスフロア☆フィーバー」の強烈なフロアアンセム感、32小節エレピソロのヤバさ。デビュー時点でのオーダーではK-POPスタイルの「G」とディスコスタイルの「neo disco」を両方出しての様子見だったが、メンバーも客側も超大ネタ使いの「neo disco」でスイッチが入り、CQC's「ゆるふわweekend」より前に書かれていた「ダンスフロア☆フィーバー」を満を持してのリリース、なのにこれが伊秩弘将佐久間誠アイドリングNEO陣を前にしてカップリング扱い。その後の主催LIVEのタイトルに「ダンスフロア☆フィーバー」を掲げる辺り何とも口惜しい感がある。


「音もダンスも衣装も最高だし東京でワンマンやるならライブハウスじゃなくて是非ディスコかクラブで」と話したら「さすが楽曲派!」とディスコミューズ四島早紀さんのまさかの返し。楽曲派/ガチ恋/KSDDのようなオタの自虐ジャーゴンは面倒臭いと思っていたけれど、四島さんが仰せになるのなら。

  1. じゃじゃ馬と呼ばないで
  2. Brand-New Style
  3. ダンスフロア☆フィーバー

GALETTeフラゲイベント あるあるCity


GALETTe 3rd.Single「Brand-New Style」40sec version


GALETTe - じゃじゃ馬と呼ばないで


GALETTe - neo disco


CQC's - ゆるふわweekend




Brand-New Style / ダンスフロア☆フィーバー(A Type)

Brand-New Style / ダンスフロア☆フィーバー(A Type)