読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 アイリス (by MORADOLL) 主催イベント第二弾「アイリスタイル!リオ生誕祭」@渋谷BURROW

music idol

http://ameblo.jp/iris-moradoll/entry-11884474373.html


  • 20140705 アイリス主催イベント第二弾「アイリスタイル!リオ生誕祭」@渋谷BURROW


ジャンルを問わず菅原梨央に縁のある出演者を集めた生誕祭イベント。


HOLIC

https://twitter.com/official_HOLIC


菅原梨央とはK-POP好きの友達同士で同級生。「アイリス」同様に検索しづらい名前だが、韓国と日本を行き来する、山本彩恵子/大村美春のデュオアイドル。Wink淋しい熱帯魚」のカバーなど。9月にCDデビューするとの事だったが、プライベート盤として売っていた「ボーイフレンド」のクレジットには「Jo Sung-Hyun」の名前があった。同姓同名が多すぎる国でいまいち分からないのだけれどこれはEruの人なのだろうか。ちょっと前のポップなKARA的なサウンドだった。


そしてK-POP好きの菅原梨央米倉桃華がステージに飛び込み、四人でA pinkとGIRL'S DAYのダンスカバー。キュートなA pinkと、そしてGIRL'S DAYとくれば当然腰を振り上体をくねらせ床で足を組み替えのガチセクシーダンス。テクプリ時代から清楚なヴィジュアルイメージのアイリスがここまでやるのは初めてとのことで、これはK-POP好きの演者も観ている側も新鮮な楽しい趣向。


A pink - Mr.Chu


GIRL'S DAY - EXPECTATION



蔭山浩美

http://ameblo.jp/hiro-u3u-min/entry-11889950562.html


AKB永尾まりや、元アイドリング!!!森田涼花やグラビアアイドル中村静香小田島渚などが主演を張った舞台「読モの掟!」*1 での共演がきっかけで菅原梨央と仲良くなったというモデルさんも、自作の持ち曲を披露。ストレートで前向きな人。


蔭山浩美 - SUPERMAN!!



世田谷ボーイズ

http://ameblo.jp/setagaya-boys/entry-11889501133.html
http://ameblo.jp/setagaya-boys/entry-11890091926.html


関係性について触れられていなかったので後で訊いてみると「知り合いの知り合いらしい」とのこと。ボーカルのウザい位のくそ暑いキャラクターが完全にBINGO BONGO時代のユースケ・サンタマリア


今度はMAN WITH A MISSION9mm Parabellum Bulletが好きだという佐藤友紀乃が飛び込み、ロックバンドアレンジでアイリス「魔法の呪文」を披露。ファンクバンドで聴くよりも先にロックバンド生演奏&佐藤友紀乃ソロ。ギターのカッティングとワウ使いが新鮮で面白い。梨央/桃華のK-POPカバーといい、メンバーが個人的にやりたいものやりたい放題という素晴らしいイベント。

  1. 別嬪さんに劣等感
  2. SHAKE DYNAMITE
  3. アイリス / 魔法の呪文
  4. ダンスビート


制服ガール・世田谷ボーイズ PV風


YORITO/YUINA

アイリスのコレオグラファーYORITOと、彼とチームで活動しているYUINAの二人によるダンスパフォーマンス。アイリスのコレオグラフが、アイドルテンプレ要素が少ない一方で大人びてクールでセクシーだけど下世話にならずスポーティですらあった理由がよく分かった。YORITO先生はIUや大国男児のツアーダンサーも務めていらっしゃる。そういう意味でも全体的に菅原梨央らしいK-POP寄りなイベント。


DJ INHEAVEN

この方も「知り合いの知り合いらしい」とのこと、BABYMETAL「ヘドバンギャー」ももクロココ☆ナツ乃木坂46「ガールズルール」などアッパーなアイドル曲を短く繋ぐ。


そしてここでも菅原梨央が「DJ ORI」として飛び込み、アイリスの既発表曲や、もはやダンスクラシックなT-ARA「Roly Poly」、Girls' Generation「Mr. Taxi」をフランジャーを多用しつつプレイ。CDJも初めての試みとのこと。この時着ていた紺のシンプルでエレガントなワンピースにちょっとじゃらっとしたシルバーのネックレスがとても素敵。


T-ARA - Roly Poly


Girls' Generation - Mr. Taxi



アイリス (by MORADOLL)

http://ameblo.jp/iris-moradoll-yukino/entry-11889621132.html
http://ameblo.jp/iris-moradoll-momoka/entry-11889675446.html


舞台「読モの掟!」のテーマソングだった爽やかギターポップ「Feeling of a girl」、そしてアンコールにはまさかのMONGOL800「Don't worry be happy」のカバー、原曲のピッチ(多分BPM200位)そのままに、四つ打ちときつめのトランスシンセがメロディックに鳴る大久保薫的なカバーを初披露。温度の低いアイリスメンバーがそれを体温低めに歌う謎の違和感、しかしこの選曲は佐藤友紀乃さんの趣味なのかもしれない。


ライブで披露はされなかったが、Showroomでの視聴者投票楽曲コンペで選ばれた「プリズムレター」もずっと会場で流れていた。爽やかでオーセンティックな90s声優アイドルポップスメロディに、薄いパッドのアルペジオや鐘の音やピチカート音色の多用が何とも言えない古臭さというかボカロ解釈的なアニソン感があったが、これを派手にやると武藤彩未ソロな感じでもあり、これはこれで今の音なのだろうか。基本的に全部が「爽やか」で夏っぽい。これら3曲共に大胆な路線変更。何曲録っているのか分からないと言う位に礒村先生とのレコーディングは続いているようだが、仙台長町ファンク研究所の濃厚ファンク路線は既発3曲で終わりなのだろうか。


アンコールと共に菅原梨央へ皆で歌う「ハッピーバースデー」、ファンからケーキや花束が。本人は「最初状況が飲み込めなくて『蛍の光』が流れて来たのかと思った」とのあんまりなボケに「今日は一体何のイベントだと思ってるの!」と総ツッコミ。受け取ったプレゼントはそのまま舞台袖のスタッフが受け取ればいいのに、プレゼントを渡したファンにステージ上から一旦返してしまうぎこちなさ、この素朴さ。


K-POPダンスにバンドコラボにDJと、メンバー個人のやりたい事にそれぞれが挑戦、シンプルながらメンバーの音楽趣向やパフォーマンスのバックグラウンドまで見えた面白いイベントだった。

  1. シークレットマジック
  2. アイリス
  3. Feeling of a girl
    • EN
  4. Don't worry be happy

MONGOL800 - Don't worry be happy


「アイリス」(by MORADOLL) 仙台放送まつり2013


Girls Pop'n Party -Idol Parade Neo - ダイジェスト!!
「シークレットマジック」1:38-2:11




プリズムレター

プリズムレター

魔法の呪文/アイリス

魔法の呪文/アイリス

Girls Pop'n Party-Idol Parade Neo-

Girls Pop'n Party-Idol Parade Neo-