読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 Negicco「サンシャイン日本海」発売記念インストアイベント@新宿タワレコ屋上

http://tower.jp/store/event/2014/07/05507251930o
http://natalie.mu/music/news/122095



【新宿タワレコで伝説残しがちなアイドル】7/25 Negicco「サンシャイン日本海」リリースイベント
http://togetter.com/li/697759

  • 20140725 Negicco「サンシャイン日本海」発売記念インストアイベント@新宿タワレコ屋上


リリース週、連日の都内イベント最終日。Negiccoメンバーから「今回は結果を出したい、どうしても週間10位以内に入りたい」というメッセージが事前に繰り返されていた。ここまではっきりとオタに「沢山買ってほしい」という檄が飛ぶのは珍しい。もう文化的な指標として何の価値も持ち得なくなって久しいオリコンチャートだが、現在のマスメディアは相も変わらずこのチャートを指標にし続ける、それは非常に大きな文化的怠慢でもあるし、かといって、日本においてパッケージの先のビジネスモデルが定着しつつある訳でも無い。ライブ中にも繰り返される「ネクストステージ」という言葉。Negiccoも、音楽業界も、アイドル業界も、リスナーも、その全てが今ネクストステージを欲している。


400人は入るはずの新宿タワレコ屋上のイベント券は集合時間の19時少し前に全てを配布し終えた。蒸し暑い階段で待たされつつ周りの話を聞いていると、この日がNegicco初見だという興奮の声がいくつも聞こえてくる。外側へ売れていくこの感覚。都内リリイベ最終回ということで、スタッフが近隣店舗からここタワレコ新宿店に在庫をかき集めて来たという。アイドルの握手券目当ての複数枚買い商法がとやかく言われた時期はもう過ぎて、そもそもCDを買う行為がニッチになり、その狭いニッチ層にとっては複数枚買いも当たり前のことになってしまった。今、アイドルオタは大抵みな疲弊している。そんな中、小西康陽西寺郷太矢野博康といったアイドル楽曲に近しい渋谷系人脈とは異なり、全くアイドルに縁が無かった田島貴男が、Negiccoを通してアイドルへ開眼していく様、その新鮮な印象を語り、新しいポップスをそこに見出していく、そして自ら複数枚買いをして知り合いに配るその一連のツイートは、彼のミュージシャンとしての活動を知らない人達にもとてもフレッシュに映ったことだろう。



@tajima_takao
田島貴男
なんとアイドルのプロデュースというのをやりました!ナイスなブリージン歌謡! RT @natalie_mu: Negicco新曲は田島貴男書き下ろし「サンシャイン日本海」 http://natalie.mu/music/news/117957 link
@tajima_takao
田島貴男
Negiccoちゃんたちの新しいアー写、ええじゃないの。 http://natalie.mu/music/news/117957 link
@tajima_takao
田島貴男
Negiccoの「サンシャイン日本海」のPV見たんだけどすげえ良かったんだわ!月曜日にネギラジで初公開されるということです。 link
@tajima_takao
田島貴男
そしてこの夏の彩るナイスなブリージン歌謡、Negiccoの「サンシャイン日本海」(7月22日発売)をどうかよろしくお願いします! https://www.youtube.com/watch?v=4gHbnS1QcIA link
@tajima_takao
田島貴男
昨夜はNegiccoのNao☆さんが出演するアイドルのイベントへ。Nao☆さんは「接吻」を歌ってくれたぜイェー!ありがとう!感謝!こういうライブは初だったんだが、アイドルたちのすごい頑張りを見て、おれもうかうかしておれんと思う今日この頃っす。 link
@tajima_takao
田島貴男
「サンシャイン日本海」のエレキギターは56年のES-175のリアピックアップにアンプはプリンストンバーブ。60年代モータウンなどのギターは意外に175が使われていたのではないかと最近思う。当時のミュージシャンはポップスもジャズも弾かなければならなかったのではないかと推測する。 link
@tajima_takao
田島貴男
Negicco「サンシャイン日本海」本日フラゲ日!CD店店頭にて購入できます!なかなか書けないいい曲が今回は書けたと思ってます。映画のように彼女たち三人の物語りが自然に映り込んだかわいらしく少し切ないMVも素晴らしいです。皆様ぜひ! https://www.youtube.com/watch?v=4gHbnS1QcIA link
@tajima_takao
田島貴男
昨日は制作を抜け出してNegiccoのリリースイベントに行ってきました。生サンシャイン日本海見た!可愛らしい振り付けついていてすげえ嬉しかったす!トリプルワンダーランドみたいなアゲアゲの曲も書いてみたいな。自分の知っているロックの世界と違う世界を垣間みれていろいろ勉強になったなあ link
@tajima_takao
田島貴男
以前はロックの中だけで現在のポップスを捉えていたんだけど、Negiccoをきっかけにアイドルも含めて現在のポップミュージックを捉え直せる気がしてきた。現在のポップミュージックが違って見えてきた気がするんだわ。遅すぎるのかもしれないけれど、今のポップが少し見えてきたような気がしてる link
@tajima_takao
田島貴男
Negicco「サンシャイン日本海」絶賛発売中!この夏のお供に彼女たちの風のようなコーラスを!郷愁掻き立てるメロディアスないい曲です!映画のように彼女たち三人の物語りが自然に映り込んだMVも素晴らしいです。皆様ぜひぜひネギネギ! http://tower.jp/search/item/Negicco# link
@tajima_takao
田島貴男
Negicco「サンシャイン日本海」この夏のお供に彼女たちの風のようなコーラスを!気になっている方はぜひ本日店頭でお買い求め下さい!非常にドラマティックなアイドル。彼女たちに好運が訪れることを祈ります。わしも今からCD屋覗きに行こ(笑 http://tower.jp/search/item/Negicco# link
@tajima_takao
田島貴男
先ほど渋谷タワレコで「サンシャイン日本海」買ってきてバンドメンバーに配りーの。店員さん店頭補充お願いしやす。 http://youtu.be/4gHbnS1QcIA link

Negiccoと組むことで、田島さんのこれまでのディスコグラフィにはなかったタイプの楽曲が生まれたなと感じました。


田島:うん。アイデアとしては持っていたけれども、自分で歌うにはしっくりこないなと思うものもあって。今回このNegiccoの話をいただいたときに「ああ、彼女たちで試してみると面白いな」って思ったの。パーツとして持っていたアイデアを組み合わせて。曲はすぐにできましたね。


─ ソングライターとして新しいフタがパカッと開いたような。


田島:それは彼女たちが持っているものがそうさせるんだよね。Negiccoにはユーモアがあるんですよ。無意識かもしれないけど(笑)。だからこそ小西さんや(西寺)郷太くん(NONA REEVES)がやっても自然にハマるんだと思う。そういうムードがあるんだよね。僕は最近のアイドルとか全然わかんなかったんだけど、今はもう大ファンになっちゃって(笑)。


Kaede:ええーっ!(笑)


田島:やっぱかわいいんだなあって思うようになったり。そこの意識のフタはパカッと開いた(笑)。アイドルファンのみんなはすっごい熱狂してるじゃないですか。曲を作る前にNegiccoのライブをYouTubeで観てたら、みんな棒を振り回しながらワーッと応援していて。昔のアイドルの親衛隊もすごかったけど、今はもっとすげえことになってんだなと思って。だんだんね、その気持ちもわかってきた(笑)。俺も棒回してもいい。


Kaede:ぜひ回してください!(笑)


田島:新潟のワンマン(9月6日に新潟・りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場にて開催されるワンマンライブ「Negicco NEXT DECADE 2014 〜奇跡を起こす!この街から」)のチケットが売り切れたって聞いたときも「よかったじゃないか」って自分のことのようにうれしくてさ(笑)。かわいいとか好きとも違う、無性に応援したくなる気持ちってのがあるんだなって。ファンの人たちもみんなそういう気持ちなんだろうなってわかったの。


─楽曲制作に関わることでアイドルヲタの気持ちを理解したと(笑)。


http://natalie.mu/music/pp/negicco02/page/2

東京もようやく梅雨明け、その最初の金曜日の夜。苗場ではフジロック初日が行われている、この高揚感。そしてステージに現れたスイカとブルーシート、細い箒を持ったMeguが目隠しされ、ワンマンライブのリベンジとしてライブの前にスイカ割りスタート。まだ体がこの気温に慣れていない、しかし夏は始まった、もう夏らしい演出が楽しくて仕方がない。Nao☆とKaedeとネギオタが前前右左と指示を出すが、ぽんちゃは右と言われれば左に動き、体の向きだけ左にと言われれば右に歩き出す始末。保育士のNao☆も扱い切れずにとうとう「もう右も左も分からないの!もうスイカじゃなくてぽんちゃ割っていい!?」と物騒な発言が飛び出す。混乱しきったぽんちゃの頭をリセットするため再度ぽんちゃは最初の位置に戻され、再び紆余曲折を経て遂に振り下ろされた箒、しかし下の店舗から持ってきたような細い箒ではスイカは割れず、そのままぺしぺしとスイカを叩き続け、ようやく割れたスイカに拍手喝采。そりゃ夏だ。


ぽんちゃが「新しい人も古い人も楽しめるように」と組んだこの日のセットリスト、直球のサマーチューン「ネギさま!Bravo☆」から、最近の定番曲に加えて、「EARTH」「トキメキ☆マイドリーム」といったエレクトロポップやEDM前夜の懐かしいトランス歌謡がセレクトされた。越後屋本舗から直接通販で買った、如何にも「素材」といった感じの砂浜と青い空だけのジャケ、メンバーすら映っていないCD-R「Summer Breeze」を聴いた時の衝撃はずっと忘れない、あの曲を今ここで聴きたいと思ったけれど、この場この熱気に必要なのはそんな洒落た曲では無かった。


「サンシャイン日本海」を最初に耳にした時はそのあまりに脱力なトラックに「田島貴男のデモトラックをそのままマスタにしたんじゃないか」「渋谷系/ピチカート詰将棋なら次はアイドルに理解のある高浪慶太郎が先では」位に思っていたけれど、梅雨明け直後のじっとりとした湿度、猛烈なコンクリートの輻射熱が覆う息苦しい都心の新宿駅ど真ん中の夜の屋上で聴いた「サンシャイン日本海」は、その間引かれた情報量の少なさスカスカ感こそが爽快ブリージングだった、ああ、一度だけ行った事のある新潟の夏は確かにとても涼しかった、やっぱり全ての音には相応しいシチュエーションがある、いくら家のオーディオに金をかけても得られないものが現場にはいくらでもあるのだ。


「曲を作るのは1曲1曲大変で、色んな人の思いが詰まっているんです、絶対無駄にしたくないんです!だから結果を出さなければいけないんです!」「Negiccoにはネクストステージが待っているんです!もっと上を目指さないと!皆さんも一緒にネクストステージへ行きましょう!」「何処へもいかないでください、ずっと応援して欲しいです」、三者三様の必死の訴えがネギオタと夏が始まったばかりのこの屋上を包む、「ときめきのヘッドライナー」の「声を聞かせてー!」、この日は「また来てねー!」に変わっていた。

  1. ネギさま!Bravo☆
  2. EARTH
  3. サンシャイン日本海
  4. フェスティバルで会いましょう
  5. トキメキ☆マイドリーム
  6. 圧倒的なスタイル
  7. さよならMusic
    • EN
  8. ときめきのヘッドライナー

楽しいセットリストの後には熱に浮かされたようにいつまでも終わらない特典会の列、近隣店舗からかき集めたというCD全種は勿論、アナログ、7インチ、カセットまで、全部売り切れた。もうここには買い増す商品すらない。22時を過ぎて屋上ステージは照明を消して撤収に入り、それでも屋上の隅の蛍光灯の下で、新宿店の閉店時間23時ぎりぎりまでチェキ会は続く。この週末は新潟そして佐渡でのイベントが控えている、田舎の主要交通機関である自動車は柏崎の花火大会でまともに動かなくなるだろう、熊倉マネージャーはこの後どう動けばいいかをまだその場で考え続けていた。ネギ券ハイタッチ後に貰ったポストカードにサインが入っていることに少し経って気付く(日付まで入っているのにそういうデザインなのだと思い込んでいて指摘されるまで気付かなかった)、サイン入りポストカードを引き当ててサイン入り「bounce」を頂く。今年の夏が始まった。





無粋だとは思うけれども記録しておいた方がいい、このシングルはオリコン週間チャートで11位だった。10位には漏れたがNegiccoの自己最高を更新した。EXILEKis-My-Ft2に並んで3位に付けたのは、屋上のNegiccoと同時間帯に同じ新宿タワレコの7Fでインストアイベントをやっていたアフィリア・サーガだった。何が違う?何が足りない?それを考えるのは嶺脇社長の仕事だ。「モグラネグラ」火曜日で田島貴男Macintoshを買い、鮎川誠は「DOS/Vブルース」を書いた。自分はDOS/Vを選び、弟はMacintosh Performaを選んだ。兄弟で互換性が無くてよく喧嘩した。でも2代目ピチカート・ファイヴは二人とも好きだった。「俺は渋谷系じゃない」のコントでお馴染み田島貴男があれから20年後にNegiccoと共にこんなドラマティックな思い出をくれるなんて。


@tajima_takao
田島貴男
作者としてもう少し力があれば。申し訳ない気持ちもあります。彼女たちとファンの人たちの頑張りを見て僕も気持ちに火がついた。この仕事で思いがけないいい体験をさせて頂いたと思ってます。ありがとうございます!これはきっとジャンプ台なのかも。Negiccoは踏み込んだのだから後は飛ぶだけ! link
@tajima_takao
田島貴男
Negicco「サンシャイン日本海」絶賛発売中!この夏のお供に彼女たちの風のようなコーラスを!カップリングの「フェスティバルで会いましょう」もポップですごくいい曲です!皆様ぜひ! https://www.youtube.com/watch?v=4gHbnS1QcIAhttp://tower.jp/search/item/Negicco link
@tajima_takao
田島貴男
TIFに行った後、自分のライブのリハでリゾネーターギターをド・ブルースに弾く。このギャップ。いやあ。自分でもおもろいわあ。 link
@tajima_takao
田島貴男
今日も東京はサンシャイン!皆さんこまめな水分補給を。そしてこの夏のお供にNegiccoの風のようなコーラスを。甘酸っぱい懐かしい日本の夏を私達の未来に。 https://www.youtube.com/watch?v=4gHbnS1QcIAhttp://sp.tower.jp/search/item/Negicco link



Negicco「サンシャイン日本海」MV(Full)


Negicco「フェスティバルで会いましょう」MV(Full)


Original Love - Orange Mechanic Suicide (1988)


Original Love - 接吻




サンシャイン日本海(2CD) 初回限定盤C

サンシャイン日本海(2CD) 初回限定盤C

月面軟着陸

月面軟着陸