Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

アップル - eNews Web - 細野晴臣インタビュー

http://www.apple.com/jp/enews/pro/interview/haruomihosono/index.html

Apple Store, Ginzaで行われたこのイベントは、主催である「サウンド&レコーディングマガジン」誌の編集長、國崎晋氏の司会のもと、細野氏とMacとの出会いの話から始まりました。
80年代の終わりに「Performerが使いたくて」Macを入手した細野氏は、以降今日までずっとPerformer、そして進化版であるDigital Performerを使い続けているとのこと。「マニュアルを読まず、ずっと自己流でやってきた」というDigital Performerでの音楽制作やライヴ・パフォーマンスを実演していただきました。
また、小型のICレコーダーで日常の様々な環境音を録音して、レコーディングに活かしているという裏話や、ご自分で編集されたというラジオ番組の音源も披露。時にユーモアを交えながら、「取り込んだ生活の音を自分の響きにしていきたい」という独自の音楽哲学を話していただきました。

僕は普段はSolarisWindowsを使っていて、Apple信者の妄信的Mac信仰がとても苦手です。
Apple製品はデザインも機能も素晴らしいと思うけど、結局コンピュータなんて、その上で走るアプリが良いものかどうか、そのアプリで動かすデータがどれくらい互換性があるか、そこだけだと思ってます。


で、音楽やデザインやる人がみな「Macいいよー」と言うけれど、彼らの使うアプリのWindows版が出ていれば別にWindowsベースでもいいと思うんですが。
細野さんもPerformerが使いたくてMac使ってるらしいので、Windows版Performerがあればいいのにねーと思ったりしてみました。



とか言ってApple信者に叱咤されそうだな。
大体このサイトのデザインからしてWindowsライクだし。