Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

輸入牛肉の全量検査「物理的に不可能」 農水次官表明

http://www.asahi.com/life/update/0123/003.html

 米国産牛肉への特定危険部位の混入と再禁輸措置に関連して、農林水産省の石原葵(まもる)事務次官は23日の定例記者会見で、消費者ら一部に要望がある輸入牛肉の全量検査について「物理的に不可能だ」と述べ、実施しない考えを示した。また、米国産の輸入再開の是非などを「内閣府食品安全委員会に改めて諮問する考えはない」とも述べた。
 米国産を含む輸入牛肉は、空港や港湾の動物検疫所で原則として0.5%を無作為に抽出して検査している。20日に成田空港の検疫所で、米国産で除去が義務づけられている脊柱(せきちゅう)(背骨)の混入が見つかったのも、この検査の結果だ。

国内で全頭検査してるんだから
全量検査しないなら輸入するなと。