Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

FM音源マニアックス

http://www.famitsu.net/mobile/melomelo/sp/fm.html


id:miercolesさんより。
たくさん視聴できます。



FM音源と言えばYAMAHA DX-7。
http://www.vintagesynth.com/yamaha/dx7.shtml


初めて触ったシンセが学校の音楽室にあったDX-7だったなあ。
自分にとってゲームと言えばPSG音源で、その次のコンシューマー機はいきなりプレステだったったから、FM音源と言うとダライアスとかアーケードの匂いがするイメージ。


とにかくみんなDX-7を使ってた。80年代中頃から90年代初頭を代表する音。
簡単に「いい音」が出せる反面、直感的な音色作りが難しい。
結果、プリセット音色によって皆同じ音色ばかりが使いまわされ、鉄板のように硬くて薄っぺらいベース、エレピとストリングスの混ざった特徴的な上物によるダンス・ポップスが氾濫しまくった。



一方、電子音楽界にとっては、「DX-7によってテクノは死んだ」と言われるくらいで、FM音源全盛期はまさに「テクノ冬の時代」。
DX-7によって駆逐されたアナログシンセとテクノは85年に一旦死に絶え、数年後にゴミみたいな値段で売られていた中古アナログシンセを手にしたデトロイトやシカゴのゲットー出身の黒人達の手によって、テクノ/ハウスは再び生まれ変わることになる。



そんなDX-7を使った80年代を代表する傑作と言われたら、間違いなくこれになるのかな。


Cupid & Psyche 85

Cupid & Psyche 85