Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

DAFの初期メンバーChrislo Haas、死去。

http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=7654
http://www.liaisonsdangereuses.de/

 ジャーマン・ニューウェイヴの重要グループ、DAF(Deutsch Amerikanische Freundschaft)の初期メンバーである、クリスロ・ハース(Chrislo Haas)が10月24日、ドイツ・ベルリンで死去した。享年48歳。
 クリスロ・ハースはDAFの創立者のひとりであり、2ndアルバム『小者・悪者(原題:Die Kleinen Und Die Bosen)』まで参加。その後、グループを脱退するとアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのBeate BartelとヴォーカルのKrishna Goineauとともに、ぶっといアナログ・シンセがハジケるクールで危険なグループ、Liaisons Dangereusesを結成。その後もあの石野卓球が再発を強く望むことでも知られるユニットCHBBに在籍したり、TresorレコードからChrislo名義でミニマル・テクノを発表していました。詳しい死因は残念ながら発表されていませんが、その乱用が長年問題となっていたアルコールが原因なのではと噂されています。心よりご冥福をお祈りします。

リエゾンのクリスロ・ハースが・・・
彼を知る人はみな「狂人」と呼んでました。
来日公演のビデオで見た彼はやはり狂人面でした。
つうか狂人でなければリエゾンとかCHBBの音は出ないよな。


ご冥福を祈ります。
あの世でコニー・プランクと新作作っててくれよ。