Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

アイドル歌謡は中田ヤスタカの夢を見るか


コアなアイドルファンの人は、自分の押してるアイドルの楽曲にしか興味が無い、あるいは、アイドル自体が重要で、好きなアイドルが歌っていれば楽曲はなんだっていいという人もいたりする。
まあアイドルに歌唱力だったり楽曲のクオリティを求めるのがそもそも筋違いなのかもしれないけれど、代表的なところでは筒美京平大滝詠一佐久間正英細野晴臣のように、素晴らしいプロデューサがついて素晴らしい楽曲が生まれることもある。


「プロデューサー買い」というのは、比較的確実性の高い手法。
それこそ「もろに自分の好きなミュージシャンの楽曲そのままで、ヴォーカルだけがいつもと違う人」というパターンが往々にしてあるので、外れを引く確立はかなり低く抑えられる。


Perfumeのファンになったのをきっかけに、同じようなサウンドを聴いてみたいという人が2chアイドル板でもちらほら見受けられるようになった。
この人たちに、テクノポップを勧めるべきかと言うと、そこは色々と難しいところがあるので、やはり中田ヤスタカプロデュース作品を追ってみるようアドバイスするのがいいのだろうな。



とりあえず最近の中田氏仕事を並べてみる。



Sugarless GiRL

Sugarless GiRL


本業のCapsuleの新作。
いきなりDaft Punk化して賛否両論だった前作よりさらにハウス色強めとの事。
謡曲からは離れるが、Perfumeが好きなら楽しめると思う。
エレクトロ万歳!

                                                                              • -


Perfume「ファン サーヴィス: Sweet」 2/14リリース
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1199533
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1363006&GOODS_SORT_CD=101


一番期待されるPerfumeのニューシングル。


ファン・サーヴィス[sweet](DVD付)

ファン・サーヴィス[sweet](DVD付)

                                                                              • -


lollipop

lollipop


ロリータじゃない人が歌うロリータポップ。
Plus-Tech Squeeze Boxが3曲、中田ヤスタカが2曲。
4曲目の「フレイバー」が中田テクノポップサウンド全開、Perfumeに歌わせたい逸品。

                                                                              • -


cosmic cosmetics

cosmic cosmetics


AVEXアイドル(過去にモー娘オーディション落選経験あり)。
一曲目が中田ヤスタカ仕事なんだが、なぜか物凄いAVEX臭。
エコーとコーラス処理のせいか?

                                                                              • -


Dithyrambos

Dithyrambos


シングル曲「Rock Star」のアルバム用リミックスが中田ヤスタカ仕事。
以前は岡村ちゃんプロデュースだったらしいが、今作でエレクトロ導入の模様。
Yuki「Joy」などでお馴染み蔦谷好位置の仕事ということで、テクノポップ好きはチェックしておくべきか。



ちなみにエレクトロ化のきっかけはこれにヴォーカルとして参加したことらしい。

SPARK ARTS

SPARK ARTS

                                                                              • -


Love Song

Love Song


m-flo loves Bonnie Pink」ではなく、そのカップリングの「m-flo loves Minmi」のリミックスが中田ヤスタカ仕事。
四方宏明氏曰く、カップリングの方がいい出来との事。

                                                                              • -

プロデューサー買いは比較的外れが少ないというメリットがあるが、プロデューサーとして売れてくると、手がけた作品を追いかけるのが大変になるというのがデメリット。
オンラインで欲しい曲だけを買うのがベターなんでしょうか。