読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 GALETTe*「She is WANNABE!」リリース記念ミニライブ@新宿タワレコ

GALETTe idol music

http://tower.jp/store/event/2014/10/055102518




福岡に二人、東京に二人の2チーム体制で発売前に予約イベントを打ちまくってオリコンデイリー7位にシングルを叩きこんだ、大所帯LinQがやる手法を4人でやるとはタフな人達だ。移動コストを鑑みるにしても、やはり福岡という土地は特殊な文化圏に映る。今回は4人でのステージ、リハでステージに上がる、音出しで「neo disco」を使う、保坂朱乃がイントロで「neo disco」とドヤ顔で台詞を囁く、それが残り3人のツボに入ったのかそのまま何度も繰り返し「neo disco」の囁きを要求され、曲がスタートしても3人がその真似をしてキメ顔で「neo disco」と繰り返し笑いを取るが、全員ががっつり歌うユニットなので、曲に入れば各々のマイクバランスをさくっと整えてパキッと終える、その手際が気持ちいい。客もキャパ一杯になる、それを見て「秋葉原では見えなかったでしょうが、今度は古森も見えますから」とスタッフ。



「She is WANNABE!」「ナチュラルスウィートな空気」に続いて「最後の曲です」、しかし「どの曲?」とステージ上で揉め始め、耳打ちをした結果、ののこだけ意見が違う。古森がののこを叱りつけ、反抗するののこ、この茶番なのかリアルなのかといういい具合の小芝居、そして最後に古森「もう一緒にお風呂入ってあげないよ!」、その一言にののこが「それだけは…」と小声で返していつもの「ダンスフロア☆フィーバー」。ここでライブ終了するも、アンコールの声が上がり、再びステージへ。「さあどの曲をやりましょう?」と会議が始まる中、またののこが「もう今日は踊りたくない!」。じゃあどうするのよ、と責められ、また古森に耳打ち、「それならいい!」「音源ありますか?」の一通りの小芝居の後、翌日初披露予定の「BEAUTIFUL LOVE WORLD」を「ダンス抜き」の熱唱で初披露。


全てが博多ラーメンの如く過剰で濃厚で泥臭い、これもディスコファンクの一面、ソフィスティケイテッドな東京女子流と対極のディスコアイドル。自分もGALETTe*を観るたびにディスコミューズ四島さんに「ディスコでワンマンライブお願いします」と繰り返すだけのbotになってしまった。「ディスコ風アイドルファンクの頂点」「現在アイドル業界の中でも最も勢いがある」と帯に自称する今の勢いを形にするためにも、そろそろいい音の箱で一発打ってほしい。



GALETTe 4th.Single「She is WANNABE」30sec version




She is WANNABE! [TYPE-A]

She is WANNABE! [TYPE-A]