Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

中国誤算、「民主化」若者に衝撃 連戦・宋楚瑜氏の講演

http://www.sankei.co.jp/news/050512/kok022.htm

台湾野党の連戦・国民党主席、宋楚瑜親民党主席が十一日までに相次いで北京の名門大学で講演を行った。自由主義民主化の賛美や台湾意識を訴える内容は、学生らから強い支持があり、ネットには「国民党が中国に来て二大政党になればいい」といった反応も。陳水扁政権への揺さぶりが狙いの中国の筋書きによる台湾野党の北京詣でだが、中国若者の政治意識に意外なインパクトも与えているようだ。


4月29日に北京大学で行われた連氏の講演は入場券の抽選が数十倍の争奪戦で、テレビ生中継には、多くの学生がくぎ付けになった。中国では国民党へのイメージは「内戦で戦った敵」「搾取で民を苦しめた」など極めて悪い。
 ところがその悪の権化が35分の講演で少なくとも14回「自由」という言葉を使い、「大陸(中国)には政治改革の発展余地が相当ある」と中国の政治改革の必要性を訴え「一党独裁、報道統制をやめ、戒厳令を解いた」と蒋経国・元台湾総統民主化への取り組みを評価。昨年の台湾立法委員選挙が民意を示した、と民主選挙の重みにも触れた。学生らは興奮し、拍手は16回以上にも及んだ。

どうせ民主化の動きなどはすぐ共産党が潰すだろうが