読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 ライムベリー@四ッ谷 Live inn Magic


  • 120506 「ライカアイドル Vol.11」@四ッ谷 Live inn Magic


ゴールデンウィークはデータセンターに籠って作業の予定だったのだが、ギリギリになって作業が後ろにずれたため、Perfume武道館やら、幕張メタモルフォーゼのチケットが無駄になってしまった。失意の中、ライムベリーのライブへ。


ハイペースでライブ活動を続けるusa☆usaのアイドル達。「usa☆usa少女倶楽部」本体と、幾つかの派生ユニットのショーケース的イベントだったが、ほんの数か月前に観たライムベリーは、今や全く違うレベルへ成長していた。MCのスキルも、客を掴んで煽るテンションも、そしてヘッズの熱狂振りも、桁違いだった。まだ音源がリリースされていないというのに、既に新宿タワレコでプッシュされるという異様な事態。全体的に地下イベント特有の息苦しさが漂う中で、ライムベリーだけは、観客も含めて、明らかに別次元のハイテンション&ハイクオリティーなライブだった。この日はDJ HIKARUの誕生日という事で、オタによるサイリウム企画に感激で言葉を詰まらせながら、「今年の目標はライムベリーでTIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)に出ること」と言った彼女の夢を実現させてあげたいと本気で思った。


CD未リリースなのにタワレコでプッシュされるライムベリー。

  1. RHYMEBERRY IZ NO.1
  2. SUPERMCZTOKYO
  3. HEY!BROTHER
  4. MAGIC PARTY






普段物販や握手なんぞには例えPerfumeでも全く金を出さない自分だけれども、ライムベリーにだけは、何とかして活動を続けて音源をリリースしてほしいと思い、投資をしてしまう。どうせ興味も無いチェキ撮影だからせめて、と、適当にアナログ盤を持って行って、ライムベリーのメンバーそれぞれに好きなジャケをピックアップして貰う。各メンバーのセレクトに個性がいい感じで出ているんではなかろうか。


MC MIRI × Malcolm McLaren / D'Ya Like Scratchin'


MC HIME × London Funk Allstars / Flesh Eating Disco Zombies Vs the Bionic Hookers from Mars


MC YUKA × LFO / We Are Back


DJ HIKARU × Neu! / Neu! 2





ライムベリー以外の出演者については、同じく派生ユニットに複数跨って所属している與那覇結衣という子、この子はモーニング娘10期佐藤優樹に似た外見と、東京女子流新井ひとみの様な声なのだが、このイベントの中でずば抜けて歌唱力もダンスもスキルが高く、初見で将来性の高さに圧倒された。また、かつて「コスメティックロボット」というPerfumeフォロアーなユニットに所属していた新芽歩も、ソロヴォーカルで出ていた。曲調には全く興味が無いのだが、それでも完全に耳を持って行かれて目が離せないほどの歌声で、この子にはまたチャンスが巡ってくるといいなあと思った。