Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 客入れSEまとめ


このシリーズを書くのも久し振り。東京ドームは平日公演だったため、開演ぎりぎりの会場入りで殆ど客入れSEを聴くことが無く、また会場に比して音も随分と小さかったので、スタンド後方の席ではあまりはっきりと聞き取れなかったが、ダブステップやジューク、グライムなどのベースミュージック、あるいはニカ的な繊細でダークなトラックが流されていた。これが樫野さん選曲だったら面白いところだが、ICCRhizomatiks人脈での起用か、World Tour 2nd「global website #003」*1 、「Spending all my time」カンヌ広告祭ライブ用イントロダクション部分などを手掛けたATAK/portのevalaこと江原寛人氏の仕事なのではないだろうか。数年前まではPerfumeにこういった人達が楽曲を提供するようになるとは夢にも思わなかったが、MIKIKO先生がRhizomatiksとがっつり組み合って映像とダンスの新たな関係性を追求している今なら、ATAKRaster-Notonといった人脈とは寧ろ非常に近い位置にいる。肥大化してくPerfumeのライブで、物理的制約によって失われていくサウンドが、数年先にはテクノロジーの進歩により現在とは全く別の形を伴ってとんでもない姿を現すのではないか。Perfumeの表現拡張の可能性の一つとして、やはりそういう期待は捨てたくはない。


スピーカー近くの席だった方々の追記のコメントをお待ちしております。


これ レーベル
Modeselektor /
GermanClap
Monkeytown Monkeytown
AOKI Takamasa /
Rhythm Variation
RV8 Raster-Noton
砂原良徳 /
Unconscious Fragment
Subliminal KRE
Cid Rim /
Fade
Mute City LuckyMe

Modeselektor - German Clap


AOKI takamasa - rhythm variation 02


砂原良徳 - Unconscious Fragment


Cid Rim - Fade (Live Edit)


evala air.leak