Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

観覧記録 ライムベリー/FRUITPOCHETTE/30posse/NARiE from ShaQ'n! 「iDOL BUNCH vol.5 Downtown Swinga」@名古屋新栄DAYTRIVE

http://idol-bunch.com/about_vol5_stock.html


  • 20140824「iDOL BUNCH vol.5 Downtown Swinga」1部/2部@名古屋新栄DAYTRIVE

ただ多く集めただけのフェス。コンセプトを無視し、目玉でメジャーを1組入れただけのラインナップで打つ箱イベント。メディアによる偏向情報。アイドルファンとして飽き飽きではないでしょうか?


名古屋新栄はDAYTRIVEで開催する今回のアイドルバンチ。「最高に楽しいアイドルライブ」をコンセプトに、今、本当に熱いパフォーマンスをするアイドルさんにご出演をお願いしました。ライムベリーさん、FRUITPOCHETTEさん、30POSSEさんよる3マンで、少数、小箱ながら本当に楽しい、激しいライブをお届けします。会場も汗をかくライブにふさわしいDAYTRIVEさん。少ないキャパならではの熱をご来場頂いた全てのお客さんに感じて頂けます。「Downtown Swinga」の名の通り名古屋を揺るがします!さらにオープニングアクトとして名古屋でもパフォーマンス随一のShaQ'n! なりえちゃんと云う、贅沢なスタートダッシュ。いつもと違うライブをかましてくれます。絶対に満足頂けることを請け合います。是非一度お越し下さい。


アイドル界屈指のライブ巧者、精鋭3組が名古屋で大暴れしてくれます!熱い夏にいい汗をかきましょう!


http://idol-bunch.com/about_vol5_stock.html

ライムベリー、名古屋初遠征。東海地区アイドルイベント「iDOL BUNCH」は掲げるポリシーも熱い。ペキンパーの名作や、後にMassive Attackとなるブリストルの伝説をもじったイベント名といい、M.O.P.の曲名から取った今回のサブタイトルといい、過去にはそれなりの大箱や複数の箱を使ったサーキットイベントを打っているにもかかわらず、今回はこの面子であえてのキャパ100の小箱。Perfume直角二等辺ツアー以来、初めて遠征を決めた。



The Wild Bunch Crew - Original 1985 Promo


The Wild Bunch - The Look Of Love


M.O.P. - Downtown Swinga '96




ライムベリー遠征組と共に前日朝のこだまに乗って名古屋入り、とりあえず腹が減ったので事前に調べておいたひつまぶしの店に行くも大行列で即諦め、その近くにあった味わい深い老舗の座敷でひつまぶしやら肝などを頂いてビールでだらだらし、天気も悪いしハードな観光をする感じでもなく、とりあえずしゃちほこでも観ておくかと城へ。再建された天守閣は完全に観光地仕様で、隅櫓もいくつかは工事中。再建中で3割ほど公開されていた本丸御殿も、あまりの新築っぷりと「竹林豹虎図」の煌びやかな復元感に「豪華な大江戸温泉物語」と呼ばれる始末で、こういうものはその手の数寄者とそれなりのテンションで観るところだなあと帰ろうとすると、広大な堀の水が無い。これも修復中ということで、水が抜かれた堀は聳え立つ高い石垣が剥き出しに、そして一面が雑草でおおわれている。なんというレアで野性味のある風景だ。清正石や石垣の刻紋も楽しんだがそれ以上にプリミティヴだ。城を見る時にどう攻めるかを考えつつ見るのが好きなのだが、美しく整った城よりも、こういった要塞感剥き出しのところを見せられたら興奮せずにはいられず、雨の中で必死に空堀の写真を撮って笑われる。再築天守閣や新築本丸御殿といった城自体よりも、地図や地下鉄で移動中に見る「丸の内」や「伝馬町」、「数寄屋」など、名古屋城下町の名残りの地名にもわくわくさせられた。。




その日の栄広小路通りは夏祭りで、出店で下らないものを買い、そのまま夕方から深夜まで中華と台湾ラーメンの店で遠征組と飲んだくれ、朝に喫茶店でサラダや卵やトーストに甘すぎる珈琲のモーニングセットを食べ、会場までの道のりで見かけたビルの外観に興奮してまた写真を撮りまくる。(1966年竣工の中日ビルこと中部日本ビルディング)




その先には「CBC」と掲げられたビルが。ああここがCBCなのか。そうかここは名古屋だ。Perfumeのブレイクと重なった2007年から1年間だけラジオ番組「Perfumeのパンパカパーティー」を持たせてくれたCBCラジオ。「JKかしゆか」もこの番組が生んだキャラなんだ。氏田朋子アナも随分Perfumeファンに愛されたな。「ポリリズム」が発売されてあの空気の中の番組だったから、たった一年でも思い入れも特別だ。恐らく事務所の意向で突然番組は終了し、同時期にスカパーのスターデジオPerfumeのマジカル☆シティ」も終了した。その数か月後に武道館公演と紅白初出場があり、完全にブレイクを果たしたPerfumeが年明けに始めたのは、全国放送で、しかも他人の曲を流さないTFM「Perfume LOCKS!」だった。




パフュ推しソング 2007年12月〜2008年3月@CBCPerfumeのパンパカパーティ」
http://d.hatena.ne.jp/aerodynamik/20080310/p1

パフュ推しソング 2008年4月〜5月@CBCPerfumeのパンパカパーティ」
http://d.hatena.ne.jp/aerodynamik/20080530/p1

パフュ推しソング 2008年6月〜7月@CBCPerfumeのパンパカパーティ」
http://d.hatena.ne.jp/aerodynamik/20080804/p1

パフュ推しソング 2008年8月〜9月@CBCPerfumeのパンパカパーティ」
http://d.hatena.ne.jp/aerodynamik/20080930/p1




会場は道一本それただけでドープな雰囲気の漂う雑居ビル、明らかにヤバい匂いがする。円山町のライブハウス群や池袋Ruidoの辺りも相当なものだけれど、それとはまた違う新栄、ビルだけあって人がいないがらんとした空虚さ。しかし外に置かれたボードにはタイムテーブルまで貼り付けてある、そして「フロアで貴方は最後まで生き残れるのか…?」という煽りが小さく書いてある、そんなイベンターの気遣い。





NARiE(富田也恵) from ShaQ'n!

東海アイドル「ShaQ'n!」のリーダー兼振り付け・ダンスコーチ。オープニングアクトでも二部とも30分もある枠を、明らかにおっさん向けなカラオケ選曲で迎えてくれることに驚くが、一度アイドルとしてステージに立ち、進学を考えてアイドルを辞め、服飾の勉強をするうちにアイドルの衣装や振付を手掛けるようになり、そしてやっぱりやりたいことはこれだと気付いた結果、再び彼女自らがアイドル兼アイドルプロデューサとしてステージに立ったという話にはもう胸に込み上げる物しかない。2部ではライムベリーのTシャツでステージに上がり、ShaQ'n!加入後に怪我をしてしまい一度もステージに立っていないメンバー久野麿衣をステージに上げて初お披露目。全く初対面でこれだけ胸を熱くさせる人、これがオープニングアクトだ。



1部

  1. B'z - LOVE PHANTOM
  2. Princess Princess - Diamonds
  3. BOØWY - ONLY YOU
  4. 篠原涼子 - 恋しさとせつなさと心強さと
  5. ひねもすのたり - ユメのはじまり!


2部

  1. Princess Princess - 世界でいちばん熱い夏
  2. LINDBERG - 今すぐKiss Me
  3. 篠原涼子 - 恋しさとせつなさと心強さと
  4. ムラマサ☆ - 夢風鈴
  5. ひねもすのたり - ユメのはじまり!

夢の始まり - 富田也恵 @ アイドルバンチ Vol.5



30POSSE(サンゼロポッセ)

http://ameblo.jp/30posse/entry-11915261494.html
http://ameblo.jp/30posse/entry-11914719250.html
http://ameblo.jp/30posse/entry-11915388895.html


山口県ご当地アイドル山口活性学園のサブメンバーによって組まれた山口活性会第二弾ユニット。山活同様にハードなロックサウンドのままアイドルらしいスタイルの中で一曲だけポップなご当地曲があって、フロア全員で「山」のポーズをして大笑い。


30POSSE 【The MASK】PVショート


30POSSE 2014年3月16日 (おいでませやまぐち)



FRUITPOCHETTE

愛媛のひめキュンフルーツ缶の妹分と言っても、これまでnanoCUNEしか観たことが無い、下調べしてみるも、一貫してポリシーのあるMAD MAGAZINE RECORDSの中でもフルポシェは一番ハードコアな存在に見えた。そしてその現場、ステージ上手側では痩せたアイドルパンクスがポゴダンスを繰り返し、下手側ではどう見ても「SECURITY」と書かれたTシャツが相応しいガタイの人達が集まり、腕組みをして微動だにせずステージを睨みつけていた。あの光景を形容するなら「怖い」の一言しかない、これは異世界だ。メンバーも他のアイドル達から怖がられており、業務連絡ですらまともに送られてこないと言っていた。その殺るか殺られるかの雰囲気にビビりつつ、鳴らされる音があまりにかっこいいので調子に乗って前の方で頭を振って見ていると、途中でいきなり背中をどつかれ横にずれる、直後に痩せたアイドルパンクス達が、フロアの柱を中心にして一斉に物凄い速さのストームを始める。一切浮かれた感じも無くひたすら無言のまま高速に駆け抜ける、巻き込まれたら怪我するタイプのストーム。この狭いフロアではどう見ても怖い、しかし一貫して世界観を崩さないステージと客。「幻惑-CHOCOLATEBITS-」では「NARiE おいで!」と手下の様にステージ上から富田也恵を呼びつけ、ステージに飛び込んだNARiEも違和感なくバックを務める。熱い。



FRUITPOCHETTE『暴虐-PARASITE-』PV


FRUITPOCHETTE『幻惑-CHOCOLATEBITS-』



1部

  1. 暴虐-PARASITE-
  2. 撲殺 -MINDS-
  3. 空色-SOLUTION-
  4. 月光-Destruction-
  5. 超絶-FANTASTIC-
  6. 漆黒-Dahlia-
  7. 炸裂-Burning-
  8. 輪廻-Expectation-
  9. 幻惑-CHOCOLATEBITS-


2部

  1. 暴虐-PARASITE-
  2. 漆黒-Dahlia-
  3. 少女的-DECISION-
  4. 月光-Destruction-
  5. 超絶-FANTASTIC-
  6. 流星-CRIME-
  7. 炸裂-Burning-
  8. 撲殺 -MINDS-
  9. 幻惑-CHOCOLATEBITS-

疾風迅雷-しっぷうじんらい-

疾風迅雷-しっぷうじんらい-



ライムベリー

http://ameblo.jp/sakurai-miri/entry-11915165142.html
http://ameblo.jp/nobuokahikaru/entry-11917068206.html
http://ameblo.jp/himemari5141225/entry-11917060141.html



持ち時間45分。日本の中心、世界の中心と言って憚らない名古屋の地で、レペゼン東京な「フロム東京」を披露するか否かで勝手に盛り上がっていたが、そんな感じのDISっぽいあれも無く。

世界の中心地は東京 異論はありますか? 認めよう
AKIRAも眠るこのあたり なにかはじまる物語


ライムベリー - フロム東京


「まず太鼓」「R.O.D.(HARD)」「アンサーアンサー」といったハードコアサイド、「世界中にアイラブユー」「IN THE HOUSE」に「MAGIC PARTY」のピースフルなパーティーラップ、そして割とライブではレアな曲まで、最近のセットリスト総動員。アップアップガールズ(仮)LinQの出演したZEPP NAGOYAのイベント回しでやってきたオタも含めて2部は会場も完全に酸素不足。ここでライムベリーが魅せない訳が無い。フロアをロックしないわけが無い。いまやライムベリーはそういうユニットだ。


MCでは珍しく自己紹介。誕生日/星座/身長/靴のサイズ/好きな食べ物など、その場で思いつくものをひたすらあげていく。MC MIRIとDJ HIKARUが一緒に、MC HIMEは別隊で名古屋入りしたようで、MIRIとHIKARUはホテルで鱈や烏賊など乾き物ばかりを延々つまんでいたらしく、MIRIの「早くお酒呑みたいなー絶対大人の方が遠征楽しんでるでしょー」が本気過ぎる。酒の入ったMIRIと山邊未夢は楽しそうだ。


更に珍しく「MIRIに聞きたいことある?」と質問を投げかけてくるが、誰も問いかけず。「じゃあHIMEは?」「HIKARUは?」、そこまでやっても声は飛ばず。ドルオタからB-BOYスタイルまでいる現場でも、意外にそういう所はシャイな客。ピンチケ現場なら即「好きなタイプは?」的な質問が飛んでくるだろうが、その辺の牽制もらしいといえばらしい現場。質問が無いので勝手にMIRIが「好きな物は福神漬けとキュウリの漬物、お茶漬け」、HIMEは「好きな物は妖怪ウォッチのジバニャン」と答え始めるが、やっぱりMIRIが先にキレる、「ちょっと運営さんー質問コーナー作ったら馬鹿ウケって言ってたのに何この空気ー」。


最初に質問を投げかけられてから必死に考える事2分以上、ようやくここで自分なりの最適解を見付け、それをステージに投げかける、「夏休み最高の思い出は?」。「いい質問!」と後ろからヤジが飛んでほっとする。ライムベリーはいつだってアドリブに強いフリースタイル並みの回転の速さだけれど、ライムスターの様にリリックを練って練って物事を考えたいタイプなんだ。その全くのアドリブ質問にすかさずMIRIが答える、「この名古屋のステージでしょ!夏休み明けて学校に戻って何が楽しかったって聞かれた時に、名古屋遠征の二部が楽しかったって言いたいでしょ!」、そして一気に沸き上がるフロア。ああやっぱりこの子は凄い。そしてHIKARUはTIFの夜のスマイルガーデンを上げた。




彼女達にとってこの夏休み最後のステージが終わった後のフロアには、やけのはら「This Night is Still Young」が流れていた。呑んで食って踊った二日間、今年の夏最高の思い出。




https://twitter.com/rbstko/status/503579163270213632

手羽先ハンドサイン




1部

  1. WE ARE BACK!
  2. IDOL ILLMTIC
    • MC
  3. HEY! BROTHER(SHORT)
  4. SUPERMCZTOKYO
    • MC
  5. Ich liebe dich(2MC MIX)
  6. IN THE HOUSE
  7. 世界中にアイラブユー
    • MC
  8. まず太鼓
  9. MAGIC PARTY


2部

  1. SUPERMCZTOKYO
  2. IDOL ILLMTIC
  3. WE DID IT
    • MC
  4. IN THE HOUSE
  5. Bright Light
  6. HEY! BROTHER(SHORT)
  7. BluE
    • MC
  8. アンサーアンサー
  9. R.O.D.(HARD)
    • EN
  10. MAGIC PARTY


アイドルバンチ vol.5 - Downtown Swinga - Movie Trailer


140802RBSONSMLGRDN


ライムベリー - IDOL ILLMATIC(Live 140622)


ライムベリー - IN THE HOUSE(Live 140427)




SUPERMCZTOKYO(初回限定盤)

SUPERMCZTOKYO(初回限定盤)





森脇ちあき

FRUITPOCHETTEに負けてられるかと肩で風を切っていたライムベリー遠征組が「バーカンの子が超可愛い」とあっという間に浮付いてバーカウンターに張り付く始末、6月に活動を始めたアイドルユニット「UN ANGE」の森脇ちあきさんでした。


森脇ちあきシリーズ5 カシスオレンジ作ってみた





ディス・ナイト・イズ・スティル・ヤング

ディス・ナイト・イズ・スティル・ヤング

The Wild Bunch - The Story Of A Sound System Mixed By DJ Milo

The Wild Bunch - The Story Of A Sound System Mixed By DJ Milo

Firing Squad

Firing Squad