Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

働かない若者「ニート」、10年で1.6倍 就職意欲なく親に“寄生”

http://www.sankei.co.jp/news/morning/17iti001.htm

就職意欲がなく働かない、「ニート(NEET=無業者)」と呼ばれる若者たちが急増している。平成十五年は六十三万人と十年前の約一・六倍に増加、十五−三十四歳の約2%に上ると推計される。就職活動をしないことからハローワークなど公的機関経由の接触も困難。少なくとも働く意思はあるフリーターよりつかみどころがない存在で、職業人育成システムの再構築が必要になりそうだ。

フリーター」「パラサイト」という言葉の軽さが気に入らない。
「エンコー」と同じように、そこに潜む問題をとても軽いものにしてしまっている。


ニート」も同様だ。もっとネガティブな呼び方をしてやれ。
社会的にも文字面的にもネガティブな呼称をつけて、ヌルイ奴らをたたき起こせ。


「働かざるもの食うべからず」だ!
労働は国民の義務だ!
ニート」なんて薄っぺらい言葉が普及してしまう前に、奴等に「非国民」級の呼称を付けてやれ!


と思ったけど、「つまづき型」にはちょっと同情してしまった。