Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

カスパロフ対スパコンのチェス勝負に疑惑を投げかける映画

http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20041216203.html

かつてこれほど偏ったファンの一群が見守る勝負はなかっただろう。史上最高のチェス・プレイヤーと見なされるガルリ・カスパロフ氏が1997年5月3日(米国時間)、大勝負の競技席に着いたとき、人類の大部分が同氏を応援しているように思われた。
 その日の対戦相手は? それは、米IBM社が設計したスーパーコンピューター『ディープ・ブルー』(RS/6000 SP)だった。6試合が終わった時点で、カスパロフ氏がもはや地上最高のチェス・プレイヤーではないことが明らかになった。その栄誉は機械のものになったのだ。
 この人間とコンピューターとの対決が、シンクフィルム社が配給する新作ドキュメンタリー映画『ゲーム・オーバー:カスパロフ対コンピューター』の主題だ。ビクラム・ジャヤンティ監督が制作したこの映画は、今年いくつかのフィルム・フェスティバルで公開され、現在は米国7都市の映画館で上映されている。

非常に面白そうな題材だが・・・
残念ながら、人間と機械との関係についての真摯な探究を開始することなく、ただ「IBM社はいんちきをしたのか?」という陰謀説に終始、「コンピュータ=悪」という決め付けだけの、非常に低レベルな映画だそうだ。