Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

愛称は「モリコロパーク」 万博跡地の新公園名決定

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060112-00000203-kyodo-soci

 愛知県長久手町愛知万博愛・地球博)の主会場跡地に愛知県が今夏にオープンさせる予定の公園の名称を「愛・地球博記念公園」、愛称を万博のマスコットキャラクターモリゾー」と「キッコロ」にちなんで「モリコロパーク」とすることが12日、決まった。
 有識者らで構成する県の「21世紀にふさわしい公園づくり委員会」が、応募総数約3200件のうち上位の2作品を、正式名称と愛称にそれぞれ選んだ。
 県は公園内に野球場やサッカー場などを設けるほか、「環境」と「参加と交流」をテーマにソーラーカーの体験乗車なども実施する方針。万博の人気施設「サツキとメイの家」や空中回廊「グローバル・ループ」の一部も残し、夏休み前の部分オープンを目指す。

大阪万博やつくば万博のグッズを収集してる自分だが、今回の愛知万博には触手が延びなかった。結局行かなかったし。
自分が万博に求める、「希望ある未来の提示」がそこにはないように思えたから。


マンモスのどこに未来の夢が?先日までお台場に展示されてたしなあ。
サツキとメイの家のどこに未来の夢が?そんなの吉祥寺でやってろよと。
21世紀になってもようやくソーラーカー試乗かよ。浮上する車はまだか?
もうげんなり。


建築的にも、大阪のような若手新進気鋭の建築家による強烈なインパクトは皆無。
なんでアーティスト気取りのミュージシャン、それも胡散臭いのに任せたのか理解できない。
Yoshikiプロデュースのテーマ歌も、三波春夫の名曲の前には無かったも同然だ。


結局今回の万博で後世に残るものは、「モリコロ」だけかもしれない。