Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

中国、衛星発射センターを初公開

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200409020015.html

中国内モンゴル自治区・酒泉衛星発射センター(ロイター) 中国は1日、昨年10月に友人宇宙飛行船「神舟5号」の打ち上げに成功した酒泉衛星発射センターを外国人記者団に初めて公開した。中国の宇宙開発は秘密に覆われており、公開は異例。


中国北西部の最寄りの街から鉄道で9時間と車で4時間の場所にある同センターは、1958年に建設された。軍の管理下にあり、これまで取材が認められなかった。
この日は、無人の管制官室やロケット発射台などを公開。ロケットは公開されず、展示もなかった。公開時間は短く、案内係は超大型プールやナスの温室栽培などを見せたがっていた。

なぜ衛星発射センターまで行って「ナスの温室栽培」を見せられなきゃいけないんだ (;゜ Д ゜)…?!



今回中国が公開した施設は表向きの施設で、今頃はとっくに中国製の軍事衛星が秘密裏に打ち上げられていて、衛星軌道から世界中をチェックしてるのではないか、そしてこれまた米軍の軍事衛星によって秘密裏に破壊されたりしてるのではないか。


ソ連が消えた今、アメリカに真っ向から勝負できる軍事大国はたった一つ、中国だ。
米軍だってエリア51NASAとは別部隊で独自の宇宙兵器開発をしているはずだし、中国がそれを眺めて手をこまねいているはずが無い。
この前の神舟打ち上げは、中国にその技術があることを表向きにアピールしつつ、裏ではアメリカへの宣戦布告だったに違いない。



Moonlight Mile」の読みすぎ?