Aerodynamik - 航空力学

はてなダイアリーからはてなブログへ移行中

Perfumeの「はじまりの歌」@TFM「SCHOOL OF LOCK!『はじまりの歌』」 20130617-19

http://www.tfm.co.jp/lock/hajimarinouta/index.html


Perfume LOCKS!」の収録時にまとめて三人分を録ったものなんだろうけれど、テーマをアクターズスクール広島でのオーディション曲に絞っていて、ああPerfumeにとっての「はじまり」はASHに集約するんだなあという感慨めいたものが。


Perfume 作品 これ
のっち SPEED /
Wake Me Up!
RISE

の:この曲に限らず、SPEEDさんに憧れて、「歌手になりたいな」と思っていたんですけど、この曲は、アクターズスクール広島のオーディションを受ける時に、オーディションの曲か、それで歌ったんですけど。初めて大人の前で、人の前で歌う機会ということで、小学校の授業中に歌詞をノートに書いて、でその歌詞に「ここでこういう動きをしよう」とか「ここで手を広げてみよう」そういうなんか、試行錯誤した、初めて振り付けをしたのも、この曲でした。という事で、私のはじまりの歌は、1997年にリリースになったSPEED「Wake Me Up!」でした。

Perfume 作品 これ
かしゆか Kiroro /
未来へ
未来へ

か:この曲は広島のアクターズスクールのオーディションで、小学校4年生の頃だったんですけど、オーディションの課題曲になっていて、私はそれまでJ-POPとか歌謡曲って「歌うものじゃなくて聴くもの」だと思ってたんですよ。それが、このオーディションを受けて「歌を歌う」ってことを初めて意識して歌った歌なので、凄く印象に残っています。でもこの歌詞を当時は全然意味が分からず、こうメロディーを追って歌ってただけなんですけど、今大人になって聴くと、凄く深い意味があって凄くいい曲なんだなってことを改めて思ったので、さらに凄く私の中で大事な曲になりました。という事で、私のはじまりの歌は、1998年にリリースになったKiroroで「未来へ」でした。

Perfume 作品 これ
あ〜ちゃん aiko /
初恋
初恋

あ:私自身、aikoさん本当にもう大好きなんですけれども、この曲は、アクターズスクール広島という所で、私もPerfumeも、みんなそこで育ったんですけれども、やっぱそこで受ける曲、聴く曲、オーディションとかで歌ったりする曲って、やっぱ課題曲ってイメージがあって、歌を楽しむために聴くというよりは、ほんとその試験を受けるためのものだったんですけど、このaikoさんの「初恋」って曲を聴いて歌って初めて「歌を歌うって楽しい」と感じた曲です。この歌が、長いトーン、「まばーたきー」ってこう、長いのがあったり、「思いはー」って裏声になるところがある難易度の高い曲なんですけど、そういうのを初めて研究して、一生懸命歌って、でこう、「歌ってて気持ちいい」っていう感覚を、小学校かなあ、小学校6年生だと思うんですけど、そういう風に初めて感じた曲ですね。もうそこからaikoさんの虜になって、もう今では人生の憧れの人です。私のはじまりの歌は、2001年にリリースになったaikoの「初恋」でした。